認知症の記事一覧

認知症は病名ではなく症状になります。

認知症は症状のことなので、人によっていろいろな認知症の症状があります。

≪認知症の症状≫

  • 物忘れ
  • 思いこみ
  • 徘徊
  • 暴言
  • など

このように、認知症にはさまざまな症状があります。

認知症の記事

このサイトには認知症についての記事があります。

  • 認知症のことが詳しく知りたい…
  • 認知症向けの介護施設を知りたい…
  • 認知症対策を知りたい…

認知症について気になることがあるときは、認知症の記事を参考にしてみてください。

認知症予防|食事の情報はこちら|認知症に良いメニュー・レシピ

認知症予防に良い食事はあるのでしょうか?

そこで、認知症予防に食事やメニューについて調べてみました。

認知症予防|食事の情報はこちら|認知症に良いメニュー・レシピ

認知症予防|日記をつける効果と書き方とは|日記帳のつけ方のポイント

認知症予防では日記をつけるのが良いと言われています。

では、どのように日記をつけると認知症対策に良いのでしょうか?

また、認知症予防の日記の書き方はあるのでしょうか?

この記事は、日記の効果と認知症予防での日記の書き方や付け方を調べた内容になっています。

認知症予防|日記をつける効果と書き方とは|日記帳の付け方のポイント

認認介護の読み方とは|老老介護とどう違うの?現状・問題点・対策|認知症

いままで聞いたことも見たこともない「認認介護」という言葉。

「認認介護」はどのように読めば良いのでしょうか?

そこで、認認介護の読み方を調べてみると、「認認介護」の読み方は「にんにんかいご」であることが分かりました。

認認介護の読み方とは|老老介護とどう違うの?現状・問題点・対策|認知症

ユマニチュード|人とのかかわりあいの原点|認知症ケア

ユマニチュードという言葉をお聞きしたことがあるかも知れません。

ユマニチュードは、認知症の方との接し方の一つの方法として、多くの介護関係者の間で注目されています。

ユマニチュードの基本概念は、人がどのような状態になったとしても人としてちゃんと接することが最も大切なことであると考えるていることです。

ユマニチュード|人とのかかわりあいの原点|認知症ケア

認知症|コミュニケーションをとる方法|接し方のポイント・技法・見守る

認知症の方とコミュニケーションが取れない=コミュニケーションが取れないことによるトラブルが発生してしまうという問題があげられます。

今回はこのような特徴のある認知症の方とうまくコミュニケーションが取れる方法について考えて行きたいと思います。

認知症|コミュニケーションをとる方法|接し方のポイント・技法・見守る

認知症の暴言暴力に困ったときにすること

認知症の症状は人によってさまざまです。

なので、認知症の症状がある方でも、一見するだけでは認知症なのどうかが分からないときがあります。

この記事は、認知症の暴言暴力の原因や対策についてご紹介しています。

認知症の暴言暴力に困ったときにすること

認知症に共通する3つの症状|妄想・記憶障害・徘徊

私が接した認知症の方の症状には、以下の3つの特長がありました。

『妄想がある・すぐ前の記憶がなくなる・ウロウロと徘徊する』

この記事では、私が接した認知症の方の3つの症状を分かりやすく解説しています。

認知症に共通する3つの症状|妄想・記憶障害・徘徊

グループホーム|認知症対応型共同生活介護とは

認知症対応型共同生活介護はグループホームと呼ばれる施設のことです。

グループホーム(認知症対応型共同生活会介護)は認知症の方を対象にした介護施設です。

グループホームについての説明を厚生労働省やWAMNETで調べてみました。

グループホーム|認知症対応型共同生活介護とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする