認知症予防|日記をつける効果と書き方とは|日記帳の付け方のポイント

認知症予防では日記をつけるのがいいといわれていますね。

では、どのように日記をつけると認知症対策にいいのでしょうか?

また、認知症予防の日記の書き方はあるのでしょうか?

この記事は、『日記の効果』と『認知症予防の日記の書き方や付け方』をまとめた内容になっています。

認知症予防|日記の書き方の3つのポイント|日記帳の効果

『日記帳の効果』にはいろいろな効果がありますが、最近は、『認知症対策でも日記を付けるのがいい』ともいわれています。

認知症予防に効果があるといわれる日記ですが、では、具体的にどのような日記の書き方が認知症予防に効果的なのでしょうか?

そこで、認知症予防の日記の書き方を調べてみました。

すると、「3つのポイントを抑えた日記の書き方」が「効果的な認知症予防の日記の書き方」であることが分かりました。

≪認知症予防での日記の書き方のポイント≫

  • 昨日のことも書く
  • 楽しかったことを書く
  • 3行でもOK

認知症予防での日記の書き方① 昨日のことも書く

認知症対策では『記憶力を鍛えることが大事』といわれています。

記憶力を鍛えるには『過去のことを思い出すことがいい』といわれてます。

そういったことから、認知症予防での日記の書き方は、『記憶力を鍛えるという意味で「昨日のことを書くのいい』のではないかと思います。

実際、『昨日のこと書く日記帳』という認知症予防の日記帳が発売されていますので、認知症予防の日記の付け方では『昨日のことを書く』のがいいのだと思います。

↓昨日のことを書く日記帳


認知症を予防する1日遅れの日記帳: 今日から始めよう、いきいき脳活ダイアリー

認知症予防での日記の書き方② 楽しかったことを書く

『楽しかったことを書く』ことも、認知症対策での日記の書き方』では大事なことだと思います。

人間、楽しいことを考えているときには「幸せホルモン」が出てくるといいますよね。

幸せホルモンが出てくると、脳内細胞が活発になって脳が活性化されるともいわれてます。

≪幸せホルモンについて≫

…真の幸福感を生み出す物質がオキシトシンです。オキシトシンは脳内では「神経伝達物質」として働き、血液中に入るとホルモンとなって体にも効くという特徴を持っています。

最近になって、ストレス中枢を抑制し、日常生活のなかで蓄積されたストレスを、上手に洗い流してくれる働きがあることも明らかになりました。

…人々の間に生まれる心の絆、信頼感などによる真の幸福感がオキシトシンによって得られ、それにつられてセロトニンの効果も増幅され、心と体の機能が安定し自然治癒力も高まります。

引用:https://www.kateigaho.com/migaku/31302/2/

※セロトニン・オキシトシンは脳内ホルモンの一種

脳内細胞が活発になるということは、脳が元気になること…。

そういったことを考えると、『楽しかったこと』を日記帳に書くことは認知症予防ではとても大事ではないかと思います。

↓楽しいことも書く日記帳


効く! 認知症予防脳活日記 ([バラエティ])

認知症予防での日記の書き方③ 3行でもOK

認知症対策に限らず、日記帳をつける上で一番大切なことは、『毎日日記を書くこと』といっていいと思います。

毎日日記を書くからこそ脳が鍛えられ、その結果、認知症対策に効果が期待されるのですね。

ですので、認知症予防で日記を書くときにも『毎日続けて日記を書くこと』がとても大事になります。

そのようなときにおすすめなのが『3行日記』。

『3行日記』は、記事後半でご紹介している小林弘幸教授おすすめの日記の付け方になります。

≪3行日記の付け方≫

  1. その日の嫌な出来事を書く
  2. その日の良かったことを書く
  3. 明日の目標や今後の目標をかく

『3行日記』はとても簡単な日記のつけ方ですが、いろいろな効果があるとレビューで評判になっています。

≪3行日記の評価レビュー≫

「「3行日記」をはじめて、3週間。かなり体調が良くなりました。
「自律訓練法」や、「朝日を浴びる」や「運動」など、いろいろためして
みましたが、私にはこの「3行日記」が一番効きました。
体調を崩した原因が、家族の病気と、対人関係のストレスだったので、
自分のなかのもやもやとした嫌な気持ちの整理がついた事が良かったようです。」

「一日にたった3行だけ書けばいいので、まだ書き始めてから1週間ですが続いています。
この日記をつけてから、心なしか精力的に活動できるようになってきた気がします。 」

引用:amazon

口コミレビューから、日記を3行書くだけでも、『日記の書き方のポイントを抑えることによって効果的な日記の書き方になる』ことが分かります。

簡単に続けられて効果的な認知症予防での日記の書き方が分からないときは、『3行日記』から始めてみてはいかがでしょうか?

↓3行日記はこちら


「3行日記」を書くと、なぜ健康になれるのか?

認知症ケアにおすすめの本|日記の書き方とともに

認知症の方や認知症予防には、「日記の書き方・日記の付け方の本」が効果的ですのでおすすめです。

一方、「認知症の現状」や「認知症の方との接し方」など認知症全般について大まかに知るためには、どんな本がいいのか迷う方もいると思います。

そこでここからは、

  • 認知症の症状
  • 認知症の方との接し方
  • 認知症治療の現状

など、認知症を理解するためのおすすめの本をご紹介していこうと思います。

認知症ことが良く分からないときや、認知症の方との接し方が分からないときは参考にしてください。

≪認知症のおすすめの本≫

  • ボクはやっと認知症のことが分かった
  • 家族のためのユマニチュード
  • 認知症は治せる

ボクはやっと認知症のことが分かった


ボクはやっと認知症のことがわかった 自らも認知症になった専門医が、日本人に伝えたい遺言

『ボクはやっと認知症のことが分かった』は、認知症専門医の長谷川和夫さんがかかれた本です。

長谷川さんは認知症の専門医として、認知症の診断に使われれる認知機能テスト「長谷川式スケール」を開発された方になります。

認知症の第一人者としての長谷川さんがかかれたこの本の「はじめに」は、次のように書かれています。

「この本は、これまで何百人、何千人もの患者さんを診てきた専門医であるボクが、また、『痴呆』から『認知症』への呼称変更に関する国の検討委員も務めたボクが、実際に認知症になって、当事者となってわかったことをお伝えしたいと思ってつくりました。」

引用:ボクはやっと認知症のことが分かった「はじめに」より

『ボクはやっと認知症のことが分かった』のレビュー評価には、以下のようの感想があります。

≪『ボクはやっと認知症のことが分かった』のレビュー≫

「認知症の方に「反応が良い時」「反応が悪い時」がある事は知識・経験上理解していたが、その感覚を認知症の方ご自身も持っていて、反応が良い時はしっかりと「認知」している事に大変驚いた。
(私)自身は、認知症の方の相手の1回の反応を見て、「このくらいわかる人」と括ってしまいがちだが、きっと、これまでご本人を傷つけてしまっていた事もあったと反省した。今後改めたい。」

引用:アマゾン

認知症には、本当にいろいろな症状やタイプがあります。

認知症のいろいろな症状を、認知症になった当事者として、また、認知症の専門医として分かったことをまとめた本が『ボクはやっと認知症のことが分かった』になります。

認知症の症状や現状を詳しく知りたいときは、『ボクはやっと認証のことが分かった』から読まれてみてはいかがでしょうか?

家族のためのユマニチュード


家族のためのユマニチュード: “その人らしさ”を取り戻す、優しい認知症ケア

ユマニチュードは認知症の方のケアの技法のこと。

ユマニチュードはフランス人のイヴ・ジネスト氏とロゼッタ・マルスコッティ氏が開発されました。

≪ユマニチュードの基本理念≫

  • 相手を人間として尊重する
  • 相手の残されている能力を活かす
  • 治療ではなくサポートであること

ユマニチュードの基本理念と「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つの技術を合わせることにより、認知症の方に安心してもらえるケアを提供できるようになります。

『家族のためのユマニチュード』は、ユマニチュードの基本的な考え方や、誰もが実践できる技術を図解付きで分かりやすく解説しています。

≪レビューより≫

「すぐに効果がありました。
軽度認知症の家族がいます。何度も同じことを繰り返し聞かれたり、本人のこだわりの強さに辟易して、ついきつい言葉を出してしまったりして、あとで自己嫌悪。本人も怒りや悲しみに陥ったりして、家の中が暗く苦しい状況でした。
この本に書かれている4つの柱のひとつ「見る」をまず実践したのですが、その日のうちに、関係が良好になりました。私の気持ちも軽くなり、余裕が生まれます。すると本人にも伝わって、笑顔が出たりしています。
認知症家族の介護をされている方々、すべてにこの本を読んで実践してほしいです。きっと気持ちが楽になると思います。」

引用:アマゾン

↓もっとレビューを知りたい方はこちら

家族のためのユマニチュード

↓関連記事

ユマニチュード|人とのかかわりあいの原点|認知症ケア

認知症は治せる


認知症は治せる (奇跡が起こる「コウノメソッド」)

『認知症は治せる』の著者の河野和彦さんは認知症を専門とする医師の方です。

河野和彦さんは認知症の治療として「コウノメソッド」を提唱されています。

コウノメソッドとは「河野和彦さんの経験から生み出された認知症の治療方法」になります。

コウノメソッドを具体的に説明することは難しいので、『認知症は治せる』のレビューから「コウノメソッド」の評価をご紹介していきたいと思います。

≪『認知症は治せる』のレビュー≫

「認定症は治らないと言われ続けている昨今で違う観点が生まれました。」

「治せるかどうかは別として希望でしょうか。
認知症の家族を持つ者は誰しも、治らない病気と知らされ、早々治療を諦め、ケアのほうに軸足を向けがちだ。
昔ならばボケ老人と相手にされなくなってしまう症状も、現代はれっきとした病気となっている。
治せる処方箋はいまのところない。
この出口のない苦しみが、家族もろとも重圧をかける。
そんな重圧がなくなる可能性がここに紹介された手法だ。
本人次第のところもある認知症へ、もしかしたら、の希望を抱くには
いい本といえよう。」

引用:アマゾン

↓もっとレビューを知りたい方はこちら

認知症は治せる

『認知症は治せる』というタイトルにある『治せる』は誇大表示に当たるかも知れません。

しかし、認知症を専門とする河野和彦さんはなぜ、「認知症は治せる」といわれれるのか?

レビュー評価の分かれる本ですが、認知症治療の一つの方法としてコウノメソッドを参考にされたい方は「認知症は治せる」をご覧になってみてください。

いままで知らなかった認知症治療の方法があることに気が付くと思います。

日記の効果とは

日記の効果』を調べてみると、『日記の効果・日記帳を付けること』にはいろいろな効果があることが分かりました。

いろいろある『日記の効果』の中から、認知症に関係する3つの『日記の効果』をご紹介していきます。

≪日記の効果≫

  • 脳を活性化させる
  • 自律神経が整う
  • 体調を整える

日記の効果① 脳を活性化させる

「日記を書く」ことは、「過去のことを思いだすこと」です。

過去のことを思い出すには、脳を使って「今日なにしたのだろう?」と意識的に過去を思いだす必要があります。

この、「今日なにしたのだろう?」と意識的に過去を思いだすことが、脳の活性化につながるとされています。

日記をつけることにより、過去を振り返るという脳の能力を活性化させる。

これが、「日記を付ける効果」といわれていました。

「認知症は脳を使わないと症状が進行する」と考えられています。

脳を使う日記は認知症予防に適した対策であることが分かりますね。

日記の効果② 自律神経が整う

日記をつける効果には、「自律神経が整う効果」もあるといわれています。

「日記帳をつけるとなぜ自立神経が整うのか」について、詳しいことまでは分かりませんでした。

ただ、日記帳をつけることは自分を振り返ることといえます。

そういったことを考えると、「毎日「自分を振り返ること」を続けることによって、自分のことが良く分かるようになり、その結果、心が安定して自律神経が整う」のかなとも思いました。

認知症になると心が不安定になることもあります。

ですので、認知症対策では心を安定させることも大事になります。

1日1回、心を落ちる時間を日記により習慣化させることは、認知症予防にとても有効ではないかと思いますよ。

ちなみに、日記と自律神経の関係を調べてみると、医師で自律神経研究の第一人者の小林弘幸教が「日記をつけると自律神経が整う」といわれていることが分かりました。

先ほど、「認知症予防での日記の書き方」でご紹介した『3行日記』は、小林弘幸氏の著書になります

日記の効果③ 体調を整える

『日記を付ける効果』には、『自律神経を整える効果』があるとお話ししました。

自律神経は『身体の調子を整える神経』といわれています。

ですので、身体の調子を整えるには自律神経を整えることも大事になりますね。

日記には『自律神経を整える効果』があることから、自律神経を整えられることにより、身体の調子も整ってくる』と考えられます。

そういったことから、『日記を付ける効果』には『体調を整える効果』も期待できるのではないかと思います。

高齢になると体調管理はとても大事です。

とくに、高齢者は体調が悪くなると精神的に不安なりやすい傾向にあると思います。

ですので、精神的不安が大きくならないように、高齢者はとくに体調管理が大事といえます。

日記には『体調を整える効果』も期待できますので、高齢者の体調管理にも効果が期待できるのではないかと思いました。

そして、高齢者の不安が少なくなることにより、認知症予防にもつながるのではないかと思います。

まとめ

『日記の効果』と『認知症予防の日記の書き方』をご紹介してきました。

「日記を書くことにはいろいろな効果がある」ことが分かりましたね。

また、日記を書くことは認知症対策にもいいこともお伝えできたのではないかと思います。

認知症対策では認知症を予防することが大事です。

認知症対策にはいろいろな対策がありますが、「日記を書くこと」はとても簡単な認知症対策であるといえます。

ですので、いますぐできる認知症対策を始めたいときは、まずは、日記を書く習慣を始めてみてはいかがでしょうか?

このサイトでは、認知症に関する記事もいろいろあります。

認知症のことをいろいろと知りたいときは、認知症の記事もご覧になってみてくださいね。

↓おすすめ記事

認知症予防|食事の情報はこちら|認知症に良いメニュー・レシピ

認知症|コミュニケーションをとる方法|接し方のポイント・技法・見守る

余談として、『日記を書くこと』は高齢者の認知症対策に有効ですが、有酸素運動も認知症対策にいいといわれてます。

↓有酸素運動の記事はこちら

動画で楽しく※高齢者座ってできる有酸素運動の方法♪上肢・下肢の運動

高齢者の有酸素運動では歩くことがおすすめですが、外にあまり出たくない高齢者の方には、室内で下肢筋力トレーニングができるウォーキングマシンがおすすめです。

また、座って足の筋肉を鍛えることができるエアロバイクもおすすめです。

↓歩くことの記事はこちら

私と歩くこと|高齢者と歩くこと

高齢者におすすめのウォーキングマシンはこれ♪老人ホームで思うこと

高齢者向けのエアロバイク※足の筋肉をつける脚力トレーニング方法|老人

認知症対策はいろんな方法があります。

毎日継続して日記を書いたり有酸素運動したりして、自分のできることから認知症を予防していきましょう。

↓健康の記事

元気の秘密※100歳の健康法|食事・食べ物|100歳まで生きる