介護施設にある介護用(自助)スプーンの種類とは|使い方・選び方・食事

介護用のスプーンの種類はたくさんありますね。

介護用のスプーンはたくさんの種類があるので、どの介護用(自助)スプーンを選んでいいのか迷うかも知れません。

また、介護用スプーンを購入しても、どうやって使えばいいのか使い方で迷うかも知れませんね

そこでこれから、介護用(自助)スプーンの種類と、使いやすい介護食スプーンの選び方と使い方についてご紹介していきたいと思います。

おすすめの介護用スプーン|自助スプーン

このサイトの管理人tsubameは、いろいろな介護施設でスプーンを見てきました。

介護施設にある介護用スプーンについては記事下部でお話ししています。

まずは、管理人tsubameがおすすめの介護用スプーンをご紹介していきましょう。

おすすめの介護用スプーン①


口あたりやさしいスプーン レギュラー イエロー

介護スプーンでおすすめなのはシリコン製のスプーンです。

介護用スプーンや自助スプーンは金属製の製品もありますが、管理人tsubameはシリコン製のスプーンをおすすめしています。

≪シリコン製のスプーンがおすすめの理由≫

  • 口当たりがいい
  • おかゆやヨーグルトをきれいにすくえる
  • 軽くてもちやすい

シリコン製のスプーンは口当たりがよく、おかゆなどの柔らかい介護食を食べやすいので、介護用スプーンとしておすすめなのですね。

ご紹介している『口あたりやさしいスプーン』は、とくに介護用のスプーンではありませんが、介護用のスプーンとして利用できるスプーンです。

≪口あたりやさしいスプーンの口コミ≫

「柔らかいのですが芯はしっかりという感じで、非常に使いやすくいつもこの製品を使っています。」

「祖母の介護用に購入しました。…お粥など食べる際に、とても便利です。スープなどは深さが無いため、向いていません。」
引用:amazon

口コミをもっと知りたい方はこちら

おすすめの介護用スプーン②


マーナ なにげないけどすごいスプーン 「小林カツ代の生活提案」 ピンク K600P

このスプーンは、素材がシリコンでできており、先端が平らなので、介護食を食べやすいスプーンだと思いました。

持つところが丸くて太いのも、握力の弱くなった高齢者に適した形状のスプーンであると思います。

このスプーンは、介護用・離乳食用どちらでも使えるスプーンで、口コミから介護から幼児まで幅広く利用されていることが分かります。

≪なにげにすごいスプーンの口コミ≫

「介護で使用しています。色々なシリコンスプーンを使ってきましたが、これは 先端が程よく固く 使いやすいです。」

「9ヶ月の子供に食べさせる為に買ったんですが、凄く使いやすくてかなりいいです(^-^)」
引用:Amazon

口コミをもっと知りたい方はこちら

おすすめの介護用スプーン③


下村企販 ソフトスプーン 大小セット シリコン 日本製 26984

子のスプーンも介護用の自助スプーンではありませんが、介護用スプーンに適したスプーンです。

大きなシリコン用スプーンが欲しい方におすすめのセットになっています。

≪ソフトスプーンの口コミ≫

「介護食に…こちらのスプーンは洗っても硬くならないです。色移りもないです。…口元に当たっても痛くないのであげやすいです。大、小あるのもいいです。」

「介護食の介助などに使っています。とても便利です!金属のスプーンでは使いにくいものも
このシリコンスプーンでいけます!」

「継ぎ目のないシリコンスプーンは洗いやすく、かなり使い勝手が良いです。普通のスプーンより、最後の最後まで食材がすくえて、無駄がないのがいいです。そのため、洗い物も楽です。」
引用:amazon

口コミをもっと知りたい方はこちら

介護用スプーン(自助スプーン)を3つご紹介してきました。

アマゾン・楽天にはいろいろな自助スプーンがあります。

介護用スプーンが気になるときは、シリコンのスプーンをお試ししてみてはいかがでしょうか?

≫アマゾンの介護用スプーン・箸はこちら

≫楽天市場の介護用スプーンはこちら

介護施設における介護用(自助)スプーンの種類|介護食

この記事を書いている管理人tsubameは、特別養護老人ホーム有料老人ホームなど、いろいろな介護施設で使われてるスプーン見てきました。

いろいろな介護施設で使われているスプーンを見て思ったことがあります。

≪介護施設のスプーンをみて思ったこと≫

  • 介護施設では普通のスプーンが使われている
  • 介護用スプーンは使われてない
  • 介護用スプーンは個人で購入している

管理人tsubameの経験でいうと、介護施設では介護用スプーンや自助スプーンといわれるスプーンはほとんど使用されてないと思います。

ほとんどの介護施設で使われているスプーンの種類は、大小2種類の普通のスプーンだけでした。

介護施設で使われている介護用(自助)スプーンは2種類

管理人tsubameが働いてきた介護施設(7施設)では、スプーンは2種類しかありませんでした。

2種類のスプーンとは、家で使うようなシルバーのカレースプーンとティースプーンの2種類です。

シルバーのカレースプーンとティースプーンは、介護用(自助)ではなく、普通の人が使うスプーンです。

なので、管理人tsubameが働いてきた介護施設には、介護用(自助)スプーンはほぼないといえます。

「要介護が大きい人は介護スプーンを使わないの?」

このように思う方もおられると思います。

この点に関しては、ほとんどの入居者の方は普通のスプーンを使っていました。

要介護度が大きくて食事が困難な方は、介護ヘルパーが食事介助するので、介護用スプーンはあまり必要とされてませんでした

介護用スプーンは各自で用意

介護施設では、介護用スプーンを使っている方もおられますが、介護スプーンを使ってる方は個人的に介護スプーンを購入して使っておられる方です。

介護施設にあるスプーンは、介護施設の備品になります。

なので、個人的に介護用スプーンが必要な方は、個人で介護用スプーンを用意しているのが実情ではないかと思います。

先ほどもお話ししたように、介護施設では、要介護度が大きく自力で食事が困難な方には、介護ヘルパーが食介(食事介助)を行います

なので、多くの入居者の方には、介護用スプーンが必要ないのだと思います。

そういったことから、介護用(自助)スプーンは、介護施設では見かけない自助具といえます。

ちなみに、高齢者施設では介護用の自助スプーンはほとんど使われてませんが、自助食器はよく使われてます。

自助食器は介護食に必要な食器なので、普通の食器では代用できないのですね。

自助食器の記事も書いてますので、自助食器が気になる方は介護食器の選び方・使い方|おすすめの自助食器・コップ・お皿とはをご覧ください。

介護用(自助)スプーンの選び方・使い方|介護食

先ほど少しお話ししたが、管理人tsubameの介護用(自助)スプーンの選び方・使い方は、以下の2つのポイントがあります。

≪自助スプーンの選び方≫

  • シリコン製である
  • 先が平らになっている

自助スプーンの選び方① シリコン製である

要介護度が大きくなると、手の自由が利きにくくなってきます。

なので、ご飯を食べるときスプーンと食器が強くあたってしまうことがあります。

金属のスプーンと食器が強く当たると、大きな音がしたり食器がかけてしまうことがあります。

このようなことを防ぐために、介護用(自助)スプーンはシリコン製のスプーンを選ぶのがいいと思います。

自助スプーンの選び方② スプーンの先が平らになっている

介護用(自助)スプーンの選び方では、先が平らになっているスプーンを選ぶのもポイントといえます。

介護食は、おかゆなど、柔らかい料理やペースト状の料理がメインになります。

なので、自助スプーンには、柔らかい料理をうまくすくえる形状が求められます。

この点において、先が平らなシリコン製のスプーンはきれいに柔らかい料理をすくえるので、介護用(自助)スプーンとしておすすめのスプーンなのですね。

まとめ

おすすめの介護用スプーン・自助スプーンや、自助スプーンの選び方・使い方をご紹介してきました。

介護用(自助)スプーンは、要介護者の方に必ず必要というわけではありません。

しかし、自分が使いやすいスプーンがあればストレスなく食事をすることができます。

なので、管理人tsubame的には自分に合う介護スプーンは必要だと思っています。

介護用スプーンは実際に自分で使ってみないと、使い心地は分かりません。

介護スプーンが気になるときは、気になる介護スプーンからお試ししてみてはと思います。

そのときに、介護用(自助)スプーンの選び方・使い方で迷ったときは、この記事でご紹介した内容を参考にされてみて下さい。

↓介護食の種類が良く分かる記事はこちら

介護食|一口大のメリットとデメリットとは|切り方の注意点もあり!

介護食|きざみ食・軟菜食など分かりやすく解説|刻み食

ペースト食とは※ミキサー食・ソフト食・ムース食・ゼリー食との違い