介護食器の選び方・使い方|おすすめの自助食器・コップ・お皿とは

介護施設で働いていると、いままで見たこともない食器やスプーンを目にすることがあります。

例えば、自助食器(じじょしょっき)と呼ばれる介護用のお皿や、スプーンの先が曲がっている介護スプーンなどです。

これらの、自助食器と呼ばれている介護用の食器やスプーンは、介護が必要となった方が食事を食べやすいように開発されています。

例えば、片手でもちゃんと料理をお皿からすくえる工夫がしてあったり、ものをつかむ力が弱くなった時でも使いやすいように、大きな取っ手がついていたりします。

このように、自助食器は身体の自由が利かなくなった方にとって、とても大切であり必要な生活の道具といえます。

管理人tsubameは介護施設でいろんな自助食器を見てきました。

いろんな自助食器を見てきて、「自分が使いたいな」と思うものや「これは使いにくそうだな」と感じたものがありました。

そこでこの記事では、tsubameが介護が必要になったときに使いたい自助食器をご紹介していきたいと思います。

tsubameが使いたい自助食器と介護スプーン


petit aide 取っ手付き飯椀 梅花赤 HS-N43

tsubameが使いたい茶碗はこんな感じの茶碗です。

茶碗に取っ手がついているので、手の力が弱くなってもしっかりと茶碗を持つことができると思います。

茶碗のデザインもtsubame的に好みです。皆様にもおすすめのできる一品です。

始めにお話ししたように、この茶碗は自助食器と呼ばれる介護用の茶碗です。

管理人tsubameはこれまで介護施設で働いてきて、取っ手がついている茶碗みたことがありません。

なぜ、取っ手が付いた茶碗がないのかというと、取っ手がついていると茶碗を収納するのに場所を取るので、取っ手付きの茶碗は老人ホーム向きの自助食器ではないのだと思います。

ただ、取っ手のついた茶碗は自助食器としてとても優秀な自助食器だと思います。


持ち手付き レンジ汁椀 らくらく汁椀 380ml 杢目 71687

tsubameが使いたい汁椀はこれです。汁椀はみそ汁やお吸い物が入るので、しっかりと手に固定できるものがおすすめです。

この汁椀のいいところは、取っ手がついていることと、胴体が深く汁ものを入れれも安定するところです。

胴体が三角っぽい汁椀は持ちにくく安定も悪いです。なので、汁椀はご紹介してる汁椀くらいの胴体の深さがある方が使いやすいと思います。

ちなみに、取っ手が付いた汁椀も介護施設では見かけたことがありません。

その理由は、取っ手があるお茶碗を介護施設で見かけない理由と同じで、収納の問題ではないかと思います。


自助食器 美華シリーズ 中皿 380ml

この画像では大きさが分かりにくいと思いますが、この自助食器はメイン皿に使うくらいの大きさがあります。

この自助食器はどのようにして使うのかというと、右手にスプーンをもって食事をするときには、上の画像のように自助食器を置きます。

その理由は、上の画像では自助食器の左側の方が深さがあり、お皿の底の角度が90度になっています。

右側からスプーンで料理をすくうと、食器の左はしの底でこつんとスプーンが当たって料理がすくいやすいようになっています。

管理人tsubameはこのタイプの自助食器をはじめて見たとき、どのように料理を盛り付けていいのか分かりませんでした。

しかし、いまお話しした理由を厨房の方から聞いたとき、この自助食器の使い方がよく分かりました。

ちなみに、このタイプの自助食器は良く介護施設で使われています。


【すくいやすい食器】リズム(メラミン樹脂) 小鉢 ◆大 [MS-43RZ]

この自助食器は小鉢用にの自助食器です。このタイプの自助食器も介護施設でよく見かけるタイプので、自助食器として優秀な製品であると思います。

この自助食器の説明にはメラミン樹脂とありますが、メラミン樹脂の食器とはプラスチックの食器のようなものです。

ただ、プラスチックの食器と違うところは衝撃に強く耐久性があるところです。

メラミン樹脂の食器は耐久性があるので介護現場ではよく使われるています。その代わりレンジはNGになっています。

ところで、なぜ衝撃に強く耐久性があるメラミン樹脂の食器が介護施設で使われるのかというと、介護施設では良く食器を落としてしまうからです。

入居者の方が食事中に食器を落とされることもありますし、食器をかたずけたり洗浄したりしているときに落とすこともあります。

このように、食器にとって介護施設はとても過酷な場所なので、耐久性があり壊れにくいメラミン樹脂の食器が採用されています。

ちなみに、少しお高い有料老人ホームなどでは、高級感を出すためにメラミン食器は使わずに陶器の食器を使う施設が多いです。


木目 持ちやすい コップ 290ml クリーム 日本製 NMGS1H

管理人tsubameに介護が必要になったときは、このコップを使いたいと思いました。このコップの形は、飲み口と底の大きさが同じくらいなので安定感があります。

重心が高いコップは手がちょっとコップに当たっただけすぐに倒れるので危ないです。とくに、高齢者になると手の自由が利かなくなってくるので、コップをうまくつかめないこともあります。

このような事情から、介護用のコップには安定感がある形のコップを選ぶことがとても大切になります。

管理人tsubameが介護食を食べるようになったら、できるだけスプーンで食べることができる介護食を食べたいなと思っています。

身体の自由が利かなってくると箸を使うのも難しくなってきますが、扱いの難しい箸で無理して食事をしようとすると、ストレスになって食事が楽しく無いと思います。

また、管理人tsubameは消化のいい介護食を食べたいと思ってるので、柔らかい料理はスプーンの方が食べやすいかなと思います。

介護施設での介護食の一例をご紹介すると、例えば、かぼちゃの煮物を介護食で提供するときはかぼちゃの皮をとって料理をします。

かぼちゃの皮は固いのでかぼちゃの皮を取って介護食用のかぼちゃの煮つけを作りますが、川のないかぼちゃを形を残したまま柔らかく煮つけるのは本当に難しいです。

なので、介護食ではかぼちゃの煮物が出てくることがありますが、皮が取ってあるかぼちゃの煮物は、形がないものも良くあります。

普通の人は形のないかぼちゃの煮つけが出てきたら「形がない」とおこるかもしませんが、施設に入居されてる方は崩れて形のないかぼちゃの煮物が出てきてもおこりません。

なぜ、怒らないのかは分かりませんが、管理人tsubameがもし入居者の方の立場だとすると、

「皮がないかぼちゃを介護食用に柔らかく煮つけるのは無理だよね。」

と思うからです。

また、かぼちゃの煮つけは崩れてても美味しいので、美味しければ形がなくてもあまり問題にはならないのだと思います。

少しかぼちゃの話しが長くなりましたが、柔らかくした介護食はスプーンの方が食べやすいですので、管理人tsubameはスプーンだけで介護食を食べてもいいかなと思っています。

ただ、食事で使うスプーンにはこだわりがあります。次にご紹介するスプーンは介護用のスプーンとしてとても使いやすそうなスプーンであると思います。


マーナ なにげないけどすごいスプーン 「小林カツ代の生活提案」 ピンク K600P

管理人tsubameが介護用として使いたいスプーンの条件は2つあります。

  • 条件① シリコンのスプーン
  • 条件② スプーンの先が平らなもの

管理人tsubameは、この2つの条件を満たしたスプーンを使いたいと思っています。

なぜ、シリコンのスプーンを使いたいのかというと「シリコンのスプーンは柔らかいですので料理をすくいやすいから」です。

介護食にはミキサー食・ソフト食・ムース食という介護食がありますし、ペースト食という介護食もあります。ミキサー食やソフト食などの介護食は箸ではうまく食べれないので、すくいやすいスプーンが必要になります。

スプーンの先が丸ではなく平らであると簡単にヨーグルトや、おかゆをすくう事ができます。なので、介護用のスプーンでは、シリコンで先が平らのスプーンを使いたいと思ってます。

先が平らで柔らかいシリコンのスプーンは本当にヨーグルトなどを一発できれいにすくえるので、介護が必要な方にだけではなく、すべての方におすすめできるスプーンです。

シリコン製のスプーンを使いたい理由には、「シリコンは口当たりもいいのでスプーンの違和感を感じずに食事をすることができるから」という理由もあります。

料理をおいしく食べるには、口当たりのいいスプーンを使うのもとても大事なことだと思います。


タイキいいづか 長手盆 #415 かやもく 41.3×28.9×2cm

すべり止めのついたお盆。

お盆は、ほとんどの介護施設で使われるほど介護施設での食事にとっての必需品になります。

介護施設では、入居者の方の食事形態が一人一人違うので、お盆に一人一人の食事形態に合わせて配膳する必要があります。

入居者の方の食事形態は色々なものがあります。例えば、制限食では『カロリー制限・糖質制限・脂質制限・塩分制限・カリウム制限』などがあります。

禁止食といってアレルギーがある食品では、『サバ禁・タマゴ禁・乳製品禁・豆乳禁・そば禁』などがあります。

また、嚥下力(えんげりょく)の関係で、細長いものを食べるのが危険な方には『麺禁』という禁止食があり、嚥下力が弱くて誤嚥(ごえん)してしまう方にはとろみをつけなければなりません。

  • 嚥下力(えんげりょく)…ものを飲み込む力。
  • 誤嚥(ごえん)…食べ物や飲み物が間違って気管に入ること。

このように、介護施設に入居されてる方、一人一人の食事形態のあわせた食事をお盆に載せて提供しています。

こんな感じで提供します。

引用:http://sunlife-mai.co.jp/seikatsu/

このように、お盆は入居者の方の食事を間違わないためのとても大切な道具なのです。

お盆にはもう一つのメリットもあります。

お盆のもう一つに役割は、すべり止めのお盆を使うことによって入居者の方が介護食を食べやすくなります。

介護施設に入居されておられる方の中には、片手でご飯を食べられる方もおられますが、片手で料理を食べようとすると、どうしても食器が動いてしまいます。

このときに、お盆にすべり止めがついていると、お皿の料理が取りやすいのですね。

このような理由から、お盆にはすべり止めがついている方がいいと思っています。

管理人tsubameも介護が必要になる頃には、すべり止めのついたお盆を使いたいと思います。


ジョイント 箸 木箸 21cm シリコンジョイント付 サポート箸 介護用 AWSP45

実、は管理人tsubameは介護用の箸を介護施設で見たことがありません。

なぜ、介護施設で介護用の箸が使われてないのかは分かりませんが、たぶん介護用の箸は使いにくいのだと思います。

箸を使う力が弱ってきた方のために介護用の箸は開発されたのだと思います。

しかし、実際に要介護者の方が介護用の箸を使うと、介護用の箸はとても使いにくいのではないかと思います。

管理人tsubameがいま、介護用の箸を使ってみたら使いにくいと感じると思います。

まだ指が十分に動く管理人tsubameでさえ介護用の箸が使いにくいとすると、要介護者の方にはさらに介護用の箸は使いにくいのではないかと思います。

このような理由から、介護用の箸は介護施設では使われてないのではないかと思いました。

tsubameと介護食器

管理人tsubameに介護が必要になった時に使いたい自助食器をご紹介してきました。

自助食器にはいろいろな種類がありますが、実際に自分で使ってみなければ、どのような使い心地であるのかが分からないのが実情です。

今回の記事が、介護食器をお探しの中の方に、いろいろな介護食器の使い心地や特徴を少しでもお伝えできていればと思います。

≪おすすめ記事≫

カルシウムを簡単に取る方法

鉄分を簡単にとる方法

高齢者座ってできる有酸素運動