介護食器の選び方・使い方|おすすめの自助食器・コップ・お皿とは

介護施設で働いていると、いままで見たこともない食器やスプーンを目にすることがあります。

例えば、自助食器(じじょしょっき)と呼ばれる介護用のお皿や、スプーンの先が曲がっている介護スプーンなどです。

これらの、自助食器と呼ばれている介護用の食器やスプーンは、介護が必要となった方が食事を食べやすいように開発されています。

例えば、片手でもちゃんと料理をお皿からすくえる工夫がしてあったり、ものをつかむ力が弱くなった時でも使いやすいように、大きな取っ手がついていたりします。

このように、自助食器は、身体の自由が利かなくなった方にとって、とても大切で必要な生活の道具といえます。

管理人tsubameは介護施設でいろんな自助食器を見てきました。

いろんな自助食器を見てきて、「自分が使いたいな」と思うものや「これは使いにくそうだな」と感じたものがありました。

そこでこれから、管理人tsubameが使いやすいと思ったおすすめの自助食器をご紹介していきたいと思います。

使いやすい自助食器|茶碗・汁椀・皿・コップなど

≪使いやすいおすすめの自助食器≫

  • 取っ手付き飯椀
  • 持ち手付き汁椀
  • メイン皿・中皿
  • 小鉢・小皿
  • もちやすいコップ
  • シリコンスプーン
  • スぺり止め付きお盆

おすすめの自食器① 取っ手付き飯椀


petit aide 取っ手付き飯椀 梅花赤 HS-N43

管理人tsubameが使いたい茶碗はこんな感じの茶碗です。

茶碗に取っ手がついているので、手の力が弱くなってもしっかりと茶碗を持つことができると思います。

茶碗のデザインも管理人tsubame的に好みです。

皆様にもおすすめのできる自助食器です。

始めにお話ししたように、この茶碗は自助食器と呼ばれる介護用の茶碗です。

管理人tsubameはこれまで介護施設で働いてきて、取っ手がついている茶碗みたことがありません。

なぜ、取っ手が付いた茶碗がないのかというと、取っ手がついていると茶碗を収納するのに場所を取るので、取っ手付きの茶碗は老人ホーム向きの自助食器ではないのだと思います。

ただ、取っ手のついた茶碗は自助食器としてとても優秀な自助食器だと思います。

おすすめの自助食器② 持ち手付き汁椀


持ち手付き レンジ汁椀 らくらく汁椀 380ml 杢目 71687

管理人tsubameが使いたい汁椀はこれです。

汁椀はみそ汁やお吸い物が入るので、しっかりと手に固定できるものがおすすめです。

この汁椀のいいところは、取っ手がついていることと、胴体が深く汁ものを入れれも安定するところです。

胴体が三角っぽい汁椀は持ちにくく安定も悪いです。

なので、汁椀はご紹介してる汁椀くらいの胴体の深さがある方が使いやすいと思います。

ちなみに、取っ手が付いた汁椀も介護施設では見かけたことがありません。

その理由は、取っ手があるお茶碗を介護施設で見かけない理由と同じで、収納の問題ではないかと思います。

おすすめの自助食器③ メイン皿・中皿


自助食器 美華シリーズ 中皿 380ml

この画像では大きさが分かりにくいと思いますが、この中皿の自助食器はメイン皿に使うくらいの大きさがあります。

この自助食器はどのようにして使うのかというと、右手にスプーンをもって食事をするときには、上の画像のように自助食器を置きます。

その理由は、上の画像では自助食器の左側の方が深さがあり、お皿の底の角度が90度になっているからです。

右側からスプーンで料理をすくうと、食器の左はしの底でこつんとスプーンが当たって料理がすくいやすいようになっています。

管理人tsubameはこのタイプの自助食器をはじめて見たとき、どのように料理を盛り付けていいのか分かりませんでした。

しかし、いまお話しした理由を厨房の方から聞いたとき、この自助食器の使い方がよく分かりました。

ちなみに、このタイプの自助食器は良く介護施設で使われています

おすすめの自助食器⑤ 小鉢・小皿


【すくいやすい食器】リズム(メラミン樹脂) 小鉢 ◆大 [MS-43RZ]

この自助食器は小鉢用の自助食器です。

この小鉢・小皿の自助食器も介護施設でよく見かけるタイプなので、自助食器として使いやすいお皿なのだと思います。

この自助食器の説明にはメラミン樹脂とありますが、メラミン樹脂の食器とはプラスチックの食器のようなものです。

メラミンとプラスチックの自助食器は素材が似ていますが、耐久性が違います。

メラミン食器はプラスチック食器に比べて衝撃に強く耐久性があります。

このように、メラミン樹脂の自助食器は耐久性があるので、介護現場ではよく使われています

ちなみに、メラミン食器はレンジはNGになっています。

ところで、なぜ衝撃に強く耐久性があるメラミン樹脂の食器が介護施設で使われるのかというと、介護施設では良く食器を落としてしまうからです。

入居者の方が食事中に食器を落とされることもありますし、食器をかたずけたり洗浄したりしているときに落とすこともあります。

このように、食器にとって介護施設はとても過酷な場所なので、耐久性があり壊れにくいメラミン樹脂の食器が採用されています。

ちなみに、少しお高い有料老人ホームなどでは、高級感を出すためにメラミン食器は使わずに陶器のお皿や湯呑を使う施設が多いです。

おすすめの自助食器⑥ もちやすいコップ


木目 持ちやすい コップ 290ml クリーム 日本製 NMGS1H

管理人tsubameに介護が必要になったときは、このコップを使いたいと思いました。

このコップは飲み口と底の大きさが同じくらいなので安定感があります

重心が高いコップは、手がちょっとコップに当たっただけすぐに倒れるので危ないです。

とくに、高齢者になると手の自由が利かなくなってくるので、コップをうまくつかめないこともあります。

このような事情から、介護用のコップは安定感がある形のコップをおすすめしています。

おすすめの自助食器⑦ シリコンスプーン

管理人tsubameが介護食を食べるようになったら、できるだけスプーンで食べれる介護食を食べたいなと思っています。

身体の自由が利かなってくると、箸を使うのも難しくなってきます。

扱いの難しい箸で無理して食事をしようとすると、ストレスになって食事が楽しく無いと思います。

なので、身体の自由が利かなくなってきたら、スプーンで介護食を食べたいと思っています。

また、管理人tsubameがスプーンを使って介護食を食べたい理由は、消化のいい柔らかい料理を食べたいと持ってるからでもあります。

消化の良い介護食など、柔らかい料理はスプーンの方が食べやすいかなと思います。

介護施設では、煮物のカボチャなども介護食として出てきますが、やわらかい介護食用のかぼちゃの煮物は箸でつかむのが難しいです。

こんなときに、スプーンが活躍するのですね。

ただ、食事で使うスプーンにはこだわりがあります。

次にご紹介するスプーンは、介護用のスプーンとしておすすめのスプーンです。


マーナ なにげないけどすごいスプーン 「小林カツ代の生活提案」 ピンク K600P

管理人tsubameが介護用としておすすめするスプーンの条件は2つあります。

≪おすすめの介護スプーンの条件≫

  • 条件① シリコンのスプーン
  • 条件② スプーンの先が平らなもの

介護用のスプーン選びで迷ったときは、この2つの条件を満たしたスプーンがおすすめです。

シリコンのスプーンは柔らかいので料理をすくいやすいのが特徴です。

また、スプーンの先が平らだと、さらに料理をすくいやすくなります。

ここで少しだけ介護食のお話をすると、介護食にはミキサー食・ソフト食・ムース食・ペースト食という介護食があります。

ミキサー食やソフト食などの介護食は箸ではうまく食べれません。

ミキサー食やソフト食を食べるときは、料理をすくいやすいスプーンが必要になります。

このときに活躍するのがシリコンのスプーンになります。

スプーンの先が丸ではなく平になっていると、簡単にヨーグルトやおかゆをすくう事ができますね。

そういったことから、介護用のスプーンでは、シリコンで先が平らのスプーンを使いたいと思ってます。

先が平らで柔らかいシリコンのスプーンは本当にヨーグルトなどを一発できれいにすくえるので、介護が必要な方にだけではなく、すべての方におすすめです。

シリコン製のスプーンを使いたい理由には、『シリコンは口当たりもいいのでスプーンの違和感を感じずに食事をすることができるから』という理由もあります。

料理をおいしく食べるには、口当たりのいいスプーンを使うのもとても大事なことだと思っています。

介護スプーンについての記事もあります。

介護スプーンが気になるときは介護施設にある介護用(自助)スプーンの種類とは|使い方・選び方・食事を参考にしてみてください。

また、ミキサー食・ソフト食・ペース食などを分かりやすく説明した記事もあります。

ミキサー食・ソフト食・ペースト食などの特徴を知りたいときは、介護食の記事も参考にしてみてください。

↓介護食の記事はこちら

ペースト食とは※ミキサー食・ソフト食・ムース食・ゼリー食との違い

介護食|きざみ食・軟菜食など分かりやすく解説|刻み食

介護食|一口大のメリットとデメリットとは|切り方の注意点もあり!

おすすめの自助食器⑧ 滑り止め付きお盆


タイキいいづか 長手盆 #415 かやもく 41.3×28.9×2cm

すべり止めのついたお盆もおすすめです。

お盆は、ほとんどの介護施設で使われるほど介護施設での食事にとっての必需品になります。

介護施設では、入居者の方の食事形態が一人一人違うので、お盆に一人一人の食事形態に合わせて配膳する必要があります。

入居者の方の食事形態は色々なものがあります。

例えば、制限食では『カロリー制限・糖質制限・脂質制限・塩分制限・カリウム制限』などがあります。

禁止食といってアレルギーがある食品では、『サバ禁・タマゴ禁・乳製品禁・豆乳禁・そば禁』などがあります。

また、嚥下力(えんげりょく)の関係で、細長いものを食べるのが危険な方には『麺禁』という禁止食があります。

嚥下力が弱くて誤嚥(ごえん)してしまう方にはとろみをつけなければならないこともあります。

  • 嚥下力(えんげりょく)…ものを飲み込む力。
  • 誤嚥(ごえん)…食べ物や飲み物が間違って気管に入ること。

このように、介護施設では入居されてる方、一人一人の身体機能にあわせた食事を間違わないように提供する必要があるのです。

このときに活躍するのがお盆なのです。

↓こんな感じで提供します

引用:http://sunlife-mai.co.jp/seikatsu/

お盆は入居者の方の食事を間違わないためのとても大切な道具なのですね。

↓誤嚥についての関連記事はこちら

兆候は?誤嚥性肺炎の観察項目とは|高齢者と嚥下障害|介護食

誤嚥性肺炎|自宅でできる3つの誤嚥対策とは|口腔ケア・食事前介護食

↓介護食のとろみについての記事はこちら

ペースト食作り方※とろみ剤や「まとめるこ」など使用|簡単介護食

お盆を使うことには、もう一つのメリットもあります。

お盆にすべり止めがついていると介護食が食べやすくなります。

介護施設に入居されている方の中には、片手でご飯を食べられる方もおられます。

片手で料理をすくおうとすると、力加減がうまくいかず食器が動いてしまうこともあります。

このときに、お盆にすべり止めがついていると、お皿の料理が取りやすいのですね。

このような理由から、お盆にはすべり止めがついている方がいいと思っています。

管理人tsubameも介護が必要になる頃には、すべり止めのついたお盆を使いたいと思います。

介護用の箸について


ジョイント 箸 木箸 21cm シリコンジョイント付 サポート箸 介護用 AWSP45

管理人tsubameははいくつかの介護施設で働いてきましたが、介護用の箸を介護施設で見たことがありません

なぜ、介護施設で介護用の箸が使われてないのかは分かりませんが、たぶん介護用の箸は使いにくいのだと思います。

介護用の葉氏は、箸を使う力が弱ってきた方のために開発されたのだと思います。

しかし、実際に要介護者の方が介護用の箸を使うと、なんとなく、介護用の箸はとても使いにくいのではないかと思います。

管理人tsubameがいま、介護用の箸を使ってみたても使いにくいと感じるかな思います。

まだ指が十分に動く管理人tsubameでさえ介護用の箸が使いにくいとすると、要介護者の方にはさらに介護用の箸は使いにくいのではないかと思います。

このような理由から、介護用の箸は介護施設では使われてないのではないかと思いました。

まとめ

茶碗・お皿・コップ・スプーンなど、おすすめの使いやすい自助食器をご紹介してきました。

自助食器にはいろいろな種類がありますが、実際に自分で使ってみなければ、どのような使い心地なのか分からないのが実情です。

今回の記事が、介護食器をお探しの中の方に、いろいろな介護食器の使い心地や特徴を少しでもお伝えできていればと思っています。

このサイトには介護食についての記事がたくさんあります。介護食のことを詳しく知りたいときは、このサイトにあう介護食の記事を参考にしてください。

≫介護食の記事一覧はこちら

↓介護食のつくり方はこちら

介護食|おすすめのレシピ本|ソフト食あり

嚥下食・嚥下調整食のおすすめのレシピ本

↓高齢者におすすめの記事

元気の秘密※100歳の健康法|食事・食べ物|100歳まで生きる

生きがい|91歳92歳の料理研究家の料理への想い

80代におすすめの7つのオイル化粧品|80歳お祝い・誕生日プレゼント