サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は2011年に『高齢者住まい法』の改正で創設された住宅です。

≪サービス付き高齢者向け住宅とは≫

  • サービス付き高齢者向け住宅とは高齢者向けの賃貸住宅のこと
  • 普通の人が賃貸マンションを借りるのと同じように、サービス付き高齢者向け住宅も賃貸契約で借りる住宅です
  • 基本的に身の回りのことを自分でできる60歳以上の高齢者しか入居できません
  • なので、要介護度が大きくなると、退去しなければならないことがあります

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

サービス付き高齢者向け住宅は、『高齢者向けの設備の設置基準(バリアフリー等)』が設けられている住宅です。

サービス付き高齢者向け住宅の賃貸契約をみてみると、契約内容としては施設側から一方的に契約解除できないことになっています。

サービス付き高齢者向け住宅は『サービス付き』とありますが、どんな高齢者向けのサービスが付いているのでしょうか?

サービス付き高齢者向け住宅のサービス内容には『2つの必須サービス』があります。

≪サービス付き高齢者向け住宅の必須サービス≫

  • 安否確認
  • 生活相談

サービス付き高齢者向け住宅の必須サービスは『安否確認』と『生活相談』の2つだけです。

なので、食事が提供・生活支援・介護サービスの提供は必須ではありません。

そういったことから、食事の提供や買い物などの生活支援のサービスがないサービス付き高齢者向け住宅もあると思います。

ただ、現状としては、食事の提供や生活支援のサービスがないサービス付き高齢者向け住宅は少なく、ほとんどのサ高住が以下の4つのサービスを提供しています。

≪一般的なサービス付き高齢者向け住宅のサービス≫

  • 安否確認
  • 生活相談
  • 生活支援
  • 食事

サービス付き高齢者向け住宅の介護サービス

サービス付き高齢者向け住宅では、基本的に施設の従業員から介護保険サービスを使って介護サービスを受けることができません。

サービス付き高齢者向け住宅で施設の従業員から介護サービスを受けるときは、介護保険外サービスになります。

なぜ、サービス付き高齢者向け住宅では、介護保険サービスを使って施設の従業員から介護サービスを受けることができないのでしょうか?

その理由は、サービス付き高齢者向け住宅は住宅扱いで施設ではないからです。

サービス付き高齢者向け住宅は住宅扱いなので、使える介護保険サービスは居宅サービス(訪問介護など)になります。

ちなみに、特別養護老人ホームは住宅扱いではなく施設になります。

なので、特別養護老人ホームでは施設系の介護保険サービスを利用することができます。

介護保険サービスについて

介護保険サービスにはいろいろなサービスがありますが、施設の従業員から介護を受けらえるサービスには施設サービスがあります。

介護保険サービスは複雑なので分かりにくいですが、介護保険サービスを理解しない限り介護施設の違いを理解することができません。

介護保険サービスについて簡単にまとめた記事もあるので、介護保険サービスを簡単に知りたい方は介護保険サービスの種類を参考にしてみてください。

特別養護老人ホームや有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違いを知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

↓介護施設の違い

特養・老人ホーム・サ高住などの違い

老人ホーム・介護施設・高齢者施設の違い

特定施設入居者生活介護

サービス付き高齢者向け住宅は住宅なので、介護保険の施設サービスを受けることはできません。

介護サービスを受けたいときは訪問介護サービスを利用することが必要です。

ただ、住宅扱いのサービス付き高齢者向け住宅でも、ある条件があれば特別養護老人ホームのような施設扱いになります。

では、どのような条件があればいいのかですが、それは以下のような条件になります。

  • 特定施設入居者生活介護業者の指定を受ける

特定施設入居者生活介護業者にしてを受けると、住宅扱いであったサービス付き高齢者向け住宅は施設扱いになります。

施設扱いになったサービス付き高齢者向け住宅は、施設系の介護保険サービスを使えるようになります。

では、どうすればサービス付き高齢者向け住宅は特定施設入居者生活介護業者の指定を受けられるのでしょうか?

それは、サービス付き高齢者向け住宅が『有料老人ホームの定義』を揃えることにより、特定施設入居者生活介護業者の指定を受けることができます。

そして、『特定施設入居者生活介護業者の指定を受けたサービス付き高齢者向け住宅』は施設扱いになり施設系の介護サービスを受けられるようになります

↓特定施設入居者生活介護をもっと知りたい方はこちら

【重要】特定施設入居者生活介護とは

ここで、サービス付き高齢者向け住宅の特徴についてまとめておきます。

≪サービス付き高齢者向け住宅≫

特定施設入居者生活介護を受けている 特定施設入居者生活介護を受けていない
住宅扱い
分かりやすくいえば実家に住んでいる状態
施設扱い
分かりやすくいえば施設に入居している状態
介護保険サービスは訪問系サービスを利用
※訪問介護や訪問看護など
介護保険サービスは施設系
※施設の従業員から介護や看護をうける

サービス付き高齢者向け住宅には、特定施設入居者生活介護事業者の指定を受けたサービス付き高齢者向け住宅と受けてないサービス付き高齢者向け住宅があります。

特定施設入居者生活介護事業者のサービス付き高齢者向け住宅は、介護付き有料老人ホームとほぼ同じ性質を持つ介護施設と考えていいと思います。

↓介護付き有料老人ホームの詳細はこちら

介護付き・住宅型・健康型|有料老人ホームとは

サービス付き高齢者向け住宅の今後

介護施設としてのサービス付き高齢者向け住宅の位置づけは『身の回りのことが自分でできる高齢者向けの住宅』という位置づけです。

なので、サービス付き高齢者向け住宅に入居できる人は、介護度が低い高齢者になります。

そして、基本的に介護度が大きい高齢者はサービス付き高齢者向け住宅に入ることができません。

以上が、サービス付き高齢者向け住宅の制度ができたときの考え方でした。

しかし現在では、要介護者の増加やサービス向上など、時代の要請にあわせて、重介護度の人も受け入れや看取りを、要件を揃えればサービス付き高齢者向け住宅でも行えるようになっています。

そういったことを考えると、今後のサービス付き高齢者向け住宅の役割は、次のようになっていくものと思われます。

≪サービス付き高齢者向け住宅の今後≫

  • 自立した高齢者むけの住宅としての施設
  • 特養のような介護サービスも提供する施設

まとめ

サービス付き高齢者向け住宅の特徴についてみてきました。

サービス付き高齢者向け住宅は、基本的に身の回りのことが自分でできる高齢者向けの住宅でることが分かりましたね。

また、サービス付き高齢者向け住宅では、訪問系の介護保険サービスを利用しなければならないことも分かりました。

高齢者施設はいろいろな種類の施設があり、それぞれの施設によって、使える介護保険サービスが違います。

サービス付き高齢者向け住宅では、それぞれの施設によって、使える介護保険サービスが違ってきます。

サービス付き高齢者向け住宅が気になるときは、まずは、気になる施設でどんな介護保険サービスを使えるのかを調べてみてはいかがでしょうか?

そうすることにより、より間違いのないサービス付き高齢者向け住宅選びができるようになると思います。

↓関連記事

特別養護老人ホームの役割と歴史とは

介護老人保健施設|いわゆる老健とは

グループホーム|認知症対応型共同生活介護とは

介護付き・住宅型・健康型|有料老人ホームとは