介護付き・住宅型・健康型|有料老人ホームとは

有料老人ホームは、主に民間企業が運営している老人ホームになります。


≪有料老人ホームの定義≫

有料老人ホームとは、1人以上の老人を入居させ、以下の①~④のサービスのうち、いずれか(複数可)を提供している施設。

①食事の提供
②介護(入浴、排泄、食事)の提供
③洗濯、掃除等の家事の提供
④健康管理

以上、①~④のサービスのいずれかを提供する施設のことを有料老人ホームといいます。

有料老人ホームの定義は上のようになっています。

なので、『老人を1人入居させ食事を提供すれば、とりあえず老人ホームと名乗ることができる』そうです。

有料老人ホームの種類

現在、有料老人ホームには3つの種類があります。

≪有料老人ホームの種類≫

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームとは

健康型有料老人ホームは、自立している方が入居できる有料老人ホームになります。

有料老人ホームでは、基本的に介護サービスの提供を行いません。

入居したあとに介護が必要になると、基本的に退去しなけらばならなくなるのが健康型有料老人ホームです。

住宅型有料老人ホームの特徴

住宅型有料老人ホームは、自立した高齢者から要介護の高齢者まで入居できる老人ホームです。

住宅型有料老人ホームの特徴は、介護保険サービスを使った介護を受ける場合には、施設外の居宅サービスを利用する点にあります。

住宅型有料老人ホームは住宅扱いになります。

なので、住宅型有料老人ホームに入居していることは施設に入居していることにはなりません。

『住宅型有料老人ホームの自分の部屋が自分の家』という扱いになります。

そういったことから、住宅型有料老人ホームに入居している場合、施設の従業員から介護保険サービスを利用して介護を受けることは出来ません。

分かりやすくいえば、『介護保険サービスの施設系サービスを受けることができない』ということです。

(介護保険サービスによる施設とは、特別養護老人ホームや特定施設入居者生活介護事業者の指定を受けた高齢者施設などのこと)

以上のような事情から、住宅型有料老人ホームで介護保険サービスを利用して介護を受けたい場合、訪問介護などの訪問系サービスを利用することになります。

訪問介護を利用して介護保険サービスを受ける場合は、個人と訪問介護サービスを提供している事業者の個人契約になります。

住宅型有料老人ホームにはもう一つ特徴があります。

住宅型有料老人ホームは基本的に看取りまで行っていません。

なので、基本的に入居者の方の介護度が大きくなると、退去しなければならなくなります。

介護付き有料老人ホームの特徴

介護付き有料老人ホームは、『特定施設入居者生活介護事業者に指定されている施設』になります。

特定施設入居者生活介護とは、住宅扱いの有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅が施設扱いになる許可のことです。

介護付き有料老人ホームは特定施設入居者生活介護事業者に指定されているので、住宅扱いではなく特別施設扱いになります。

特別施設扱いなると、介護保険サービスの特定施設サービスを受けることができるようになります。

分かりやすくいえば、『施設の従業員から介護保険サービスを使った介護を受けることができるようになる』ということです。

介護付き有料老人ホームは看取りまで行う施設もあります。

施設により終の棲家になる介護付き有料老人ホームは、特別養護老人ホームに近い介護施設といえます。

介護付き有料老人ホームと特別養護老人ホームに違を詳しく知りたい方は特養・老人ホーム・サ高住などの違いを参考にして見てください。

介護付き有料老人ホームと住宅型老人ホームの違い

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違を簡単にまとめてみました。

≪介護付きと住宅型の違い≫

  介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム
  施設扱い 住宅扱い
介護サービス 介護付き有料老人ホームは、『介護付き』老人ホームなので施設のサービスに介護がついている。 住宅型有料老人ホームは、『住宅型』老人ホームなので(施設の)部屋に訪問介護事業者が来て介護を受ける。
料金 基本的に月額料金の中に介護サービス料が含まれている 月額料金の中に介護サービス料が含まれない

介護付き有料老人ホームや住宅型有料老人ホームのもっと詳しく知りたい方はLIFULL介護を参考にしてみてください。

有料老人ホームの役割の変遷

ところで、なぜ有料老人ホームは自立型・住宅型・介護付きの3つの有料老人ホームがあるのでしょうか?

3つの有料老人ホームができた理由を考えてみました。

自分に必要な有料老人ホームを選ぶために

介護施設を探すときには有料老人ホームも検討の対象になると思います。

しかし、有料老人ホームには3つの種類があるので、どの有料老人ホームを選んでいいか迷ってしまいますね。

自分に必要な有料老人ホームを選びたい…

このようなときは、有料老人ホームの特徴だけを知るだけでなく、『特別養護老人ホームの役割』や『特定施設入居者生活介護の役割』を知ることが大事だと思います。

 
特別養護老人ホームの役割を知る

特別養護老人ホームの役割を知ることによって、特別養護老人ホームと有料老人ホームの違いを比較できるようになります。

特別養護老人ホームと有料老人ホームの違いを比較できるようになると、有料老人ホームの特長をより知ることができるようになると思います。

特別養護老人ホームの役割を知りたい方は特別養護老人ホームの役割と歴史とはを参考にしてみてください。

特定施設入居者生活介護の概要を知る

特定施設入居者生活介護とは『特別養護老人ホームの性質を持っていなかった有料老人ホームなどに特別養護老人ホームに似た性質を待たせるようにしたもの』です。

分かりやすくいえば、『特定施設入居者生活介護に指定しされた介護施設では介護保険を使った介護が施設の従業員から受けられるサービス』のことといえます。

有料老人ホームでは、特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設と受けてない施設があります。

特定施設入居者生活介護を知ることによって、有料老人ホームでしてもらえることがはっきりと分かるようになると思います。

↓特定施設入居者生活介護についての詳細

【重要】特定施設入居者生活介護とは

まとめ

有料老人ホームについて簡単にお話ししてきました。

≪有料老人ホームの種類≫

  • 自立型有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 介護付き有料老人ホーム

3種類ある有料老人ホームには、それぞれに違った役割があります。

より良い有料老人ホーム選びができるように、少しづつ有料老人ホームの違いや特徴を勉強していきましょう。

↓関連記事

グループホーム|認知症対応型共同生活介護とは

老人ホーム・介護施設・高齢者施設の違い

高齢者施設のホームページの見分け方