ブレンダー食とは|エネルギー密度との関係

≪ブレンダー食とは≫

  • ブレンダー食とは「ブレンダーでペスト状にした料理」のこと。
  • ブレンダー食とミキサー食は同じ料理形態になります。
  • ブレンダーは「ミキサーのように料理をペースト状にする製品」になります。

ブレンダー食とミキサー食の違い

ブレンダー食とミキサー食は同じ料理形態になります。

ブレンダー食もミキサー食も「料理をペースト状にして食べやすくする料理」になります。

ブレンダー食とミキサー食の違いをあげるとすれば、料理をペースト状にするときにブレンダーを使うかミキサーを使うかの違いだけになります。

ブレンダーを使ってもミキサーを使っても、出来上がる料理は同じになります。

そういったことから、ブレンダー食とミキサー食は同じ料理形態になります。

↓関連記事

ペースト食とは※ミキサー食・ソフト食・ムース食・ゼリー食との違い

ブレンダー食と介護食

管理人tsubameはいくつかの介護施設で働いてきましたが、働いてきたどの介護施設にもブレンダー食はありませんでした。

また、いろいろな介護施設の料理形態を調べてみても、ブレンダー食を提供している介護施設は見つけられませんでした。

ただ、ブレンダー食=ミキサー食で、多くの介護施設ではミキサー食は提供されています。

そういったことから、「介護施設ではブレンダーで作った料理もミキサー食として提供されている」と思います。

ちなみに、介護施設では、おかゆ・味噌汁などのミキサ―食を作るとき、ミキサーを使用するところが多いと思います。

量の多いミキサー食を作るときは、普通のミキサーを使います。

反対に、少量の、例えば、1人2人分くらいのミキサー食を作るときは、ハンドミキサー(ハンドブレンダー)を使います

以上のように、介護施設では、ミキサー食を作るときに、ミキサー食やハンドブレンダーを状況によって使い分けますが、提供するときは、ミキサー食として提供します。

↓関連記事

介護食|きざみ食・軟菜食など分かりやすく解説|刻み食

市販のブレンダー食

ブレンダー食は、「かまなくて良い介護食」として利用されています。

市販品の「かまなくて良い介護食」には、キューピー・アサヒなど、いろいろな製品があります。

キューピーやアサヒなどの「かまなくて良い介護食」は、料理区分としてブレンダー食やミキサー食とは表示されてないと思います。

ですが、キューピーやアサヒなど市販品の「かまなくて良い」区分の介護食は、ミキサー食(ブレンダー食)と同じ料理形態になります。

「介護施設と市販品の介護食の料理区分の違い」についてまとめた記事もあります。

市販品の介護食の料理区分を詳しく知りたい方は、キューピー介護食※区分4・区分3に相当するやさしい献立はこれ♪レトルトを参考にしてください。

ブレンダー食と名前がついている市販品

市販品の中には、「ブレンダー食」と名前がついている製品もあります。

≪市販品のブレンダー食≫

ニュートリーのブレンダー食の説明には、以下のように記載されてあります。

自然の素材を味付けしたおいしいメニューをミキサー加工で仕上げました。噛まずにそのまま食べられ、1袋200kcalのエネルギーを補給できます。長期保存が可能なので、非常食・保存食にも適しています。
引用:https://www.nutri.co.jp/products/br_mix/

上記の説明にあるように、ニュートリーのブレンダー食はミキサー加工で作られています。

以上のことから、「ブレンダー食とミキサー食は同じ」といえることが分かりますね。

ちなみに、ニュートリーは、とろみ剤や固形化補助食品が有名な食品メーカーです。

とろみ剤や固形化補助食品は、介護食(とくにミキサー食やソフト食)を作るときに必要な食品になります。

とろみ剤や固形化補助食品の使い方などを知りたいときは、このサイトにとろみ剤・固形化補助食品の関連記事を参考にしてください。

↓関連記事

ペースト食作り方※とろみ剤や「まとめるこ」など使用|簡単介護食

固形化補助食品・とろみ剤とは|種類・比較表・非加熱|半固形化補助粉末

介護食品メーカー一覧表|厳選25社|個人向け・病院施設向け企業

ブレンダー食のエネルギー密度

ブレンダー食とエネルギー密度の関係について、気になる方もいると思います。

基本的に、ブレンダー食は「料理をハンドブレンダーやミキサーでペースト状にした料理」になります。

ですので、普通の料理をミキサーにかけてブレンダー食にしても、エネルギー密度は変わらないと思います。

ただ、普通の料理をブレンダーやミキサーにかけてペースト状にするには、料理にある程度の水分がないと上手くできません

そういったことから、水分を加えないと上手くペースト状のブレンダー食にならない料理は、水分をく加えた分だけエネルギー密度が小さくなると思います。

例えば、おかゆ・味噌汁・スープ・シチューなど水分の多い料理は、そのままミキサーにかけてペースト状にできるので、エネルギー密度は変わりません。

※とろみ剤でとろみをつけるときは、エネルギー密度は少し変わると思いますが、そこまで気にするほどではないと思います。

一方、煮物・焼ものなどの料理をブレンダー食にするには、水分を加えてミキサーにかけます。

このとき、水分を加えただけ、エネルギー密度は小さくなります。

このように、「ブレンダー食のエネルギー密度については、ペースト状にする料理によって変わってくることがある」といえることが分かりますね。

ブレンダー食のエネルギー密度の変化を知りたいときは、料理のカロリーから水分を加えた量のエネルギー変化を計算してみてはいかがでしょうか?

おすすめのハンドブレンダー

ブレンダー食を作るときには、ハンドブレンダーがお手軽なのでおすすめです。

アマゾンにはいろいろなハンドブレンダーがありますが、ここでは、おすすめかなと思うハンドブレンダーをご紹介していきたいと思います。

≪おすすめのブレンダー≫


ティファール(T-FAL) ハンドブレンダーベビーマルチ HB65H8JP

ティファールのハンドブレンダーがおすすめの理由は、「作りがしっかりしている」と思うからです。

ハンドブレンダーを使ってみると分かりますが、ハンドブレンダーはアタッチメントの部分にガタがきやすい製品になります。

ですので、ハンドブレンダー選びでは作りがしっかりしている製品を選ぶことが大事です。

ティファールは品質的に高評価を得ているブランドですので、ハンドブレンダーも作りがしっかりしていると思います。

このタイプのティファールハンドブレンダーの口コミには「少量のペースト食にも対応できるので使いやすい」という評価がありました。

≪ティファールハンドブレンダーの口コミ≫

「離乳食をフードプロセッサーで作ろうと思ったら、量が少なすぎてうまくペースト状にならず…。
そんなときにこちらの商品を見つけました。他のブレンダーも検討していましたが、少量用の刃が付いているのでこちらにしました。
他のブレンダーを試したことがないのですが、少ない量(人参20gとか…)でも滑らかになります。」

「離乳食づくりのために購入しました。購入にあたり各社のブレンダーを比較しましたが、少量対応のアタッチメントが付いているというのがこちらの商品の特徴です。
周囲から、たくさん作って冷凍作り置きするから、少量は使い道ないよと言われていました。しかし離乳食初期はそんなに量を食べないので、作り置きもそんなに作らなかったうちの離乳食スタイルにはぴったりでした!結局、1週間で使い切りたい量しか作らなかったためすごく適しています。(わたしは3種類くらいの野菜を製氷皿の4ブロック分ずつくらい作っていました)」

出典:amazon

ハンドブレンダーには、いろいろな製品があります。

安いハンドブレンダーから、価格のするハンドブレンダーまでありますね。

ハンドブレンダー選びで迷ってしまう…。

このようなときは、価格が少し高くても作りのしっかりしたハンドブレンダーの購入がおすすめです。

ハンドブレンダー|amazon

↓関連記事

おすすめの市販品|ムース食(ソフト食)の献立|おいしい介護食

ソフト食|アレンジなしで美味しい市販品|調理なし・栄養価・カロリー・生姜

まとめ

ブレンダー食について、「ブレンダー食とは」から、「ブレンダー食とミキサー食の違い」「ブレンダー食のエネルギー密度」「おすすめのハンドブレンダー」までをご紹介してきました。

ブレンダー食は「ハンドブレンダーやミキサーをペースト状にした料理」ですので、基本的にブレンダー食とミキサー食は同じ料理形態になります。

ブレンダー食やミキサー食は「かまなくて良い料理」として、介護食に利用されています。

ブレンダー食やミキサー食には市販品もあるので、市販品を組み合わながら、ブレンダー食作りを行ってみてはいかがでしょうか?

↓関連記事

嚥下食・嚥下調整食のおすすめのレシピ本

認知症予防|食事の情報はこちら|認知症に良いメニュー・レシピ