ライスパワーNo.7|米肌肌潤美白化粧水と澄肌の違いとは|効果美白エッセンス

米肌からライスパワーNo.7配合の肌潤美白シリーズが登場。

最近、80歳80代におすすめの化粧品や、70歳70代におすすめの化粧品の記事を書いたので、ライスパワーNo.7配合の米肌肌潤美白シリーズも気になってました。

↓スキンケアの記事はこちら

70代におすすめの7つの人気化粧品はこれ♪70歳お祝い・誕生日プレゼント

80歳におすすめの7つのオイル化粧品はこれ♪80代お祝い・誕生日プレゼント

管理人tsubameはライスパワーエキスが大好きです。

なので、ライスパワーNo.7が入った米肌肌潤美白化粧水や肌潤美白エッセンスが登場と聞いて気になってました。

ところで、米肌肌潤美白は米肌の美白ケア化粧品ですが、米肌には澄肌美白化粧品もあります。

米肌には2つの美白化粧品シリーズがありますが、肌潤美白シリーズと澄肌美白シリーズはどこが違うのでしょうか?

そこで、米肌の肌潤美白化粧水と米肌澄肌美白化粧水の美白有効成分の違いから、米肌肌潤美白シリーズと澄肌美白シリーズの違いを考えてみました。

肌潤美白化粧水と澄肌美白化粧水の美白成分の違い|米肌

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

米肌 まいはださん(@maihada)がシェアした投稿

米肌の美白化粧品シリーズの肌潤美白化粧水と澄肌美白化粧水は、どちらも美白有効成分が入った医薬部外品です。
※医薬部外品とは、厚生労働省より効果効能が認められた有効成分が規定量入ってる製品のこと。

肌潤美白化粧水にはトラネキサム酸、澄肌美白化粧水にビタミンC誘導体が美白有効成分として入ってました。

トラネキサム酸とビタミンC誘導体とは|米肌の美白有効成分

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

米肌 まいはださん(@maihada)がシェアした投稿

【米肌美白化粧品シリーズの特徴】

肌潤美白化粧水 澄肌美白化粧水
美白有効成分
トラネキサム酸
美白有効成分
ビタミンC誘導体
メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ効果 メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ効果
肌潤美白化粧水は保湿重視の美白化粧水。なので、美白有効成分に美白効果と抗炎症作用のあるトラネキサム酸を使用したのだと思います。そして、保湿成分のライスパワーNo.7も配合。トラネキサム酸とライスパワーNo.7の働きで美白と保湿を同時ケアします 澄肌美白化粧水は美白成分ビタミンC誘導体が入った美白化粧水。ビタミンC誘導体には皮脂抑制作用もあります。なので、さっぱりした使用感の美白化粧品をお探しの方に最適の美白化粧水。美白化粧水でテカリ・化粧崩れ対策を始めたい方にもおすすめ。
透明感のある肌へ 米肌澄肌美白 澄肌美白化粧水の詳細はこちら

【トラネキサム酸とは】

  • メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ効果
  • アミノ酸の一種の成分でお肌の炎症を抑える働きもあり
  • 第一三共が開発した成分で医薬品にも使用されてる

【ビタミンC誘導体とは】

  • メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ効果
  • 壊れやすいビタミンCを化粧品などに配合しやすくした成分
  • いろんなビタミンC誘導体の種類がある

肌潤美白化粧水と澄肌美白化粧水の美白有効成分の違いを調べてみると、結構、効果や特徴に違いがあることが分かりました。

お肌の乾燥が気になる方は肌潤美白シリーズ、脂性肌の方には澄肌美白シリーズがいいと思いました。

ライスパワーNo.7とは|米肌肌潤美白化粧水

米肌肌潤美白シリーズは保湿ケアができる美白美容液として、化粧水・エッセンスともにライスパワーNo.7が配合されてました。

ライスパワーNo.7は勇心酒造さんが開発したライスパワーエキスの一つです。

ライスパワーエキスとは、お米を微生物で発酵熟成させて作る天然由来のお肌にやさしい成分のこと。

ライスパワーエキスにはいくつかの種類がありますが、お米を発酵させるときに使う微生物の種類や発酵期間を変えることによって、いろんな種類のライスパワーエキスができるそうです。

では、ライスパワーNo.7はどんな働きがあるのでしょうか?

【ライスパワーエキスNo.7の働き】

皮膚の油分を保ち、乾燥やカサつきをケア
角質層へと働きかけ、肌の油分を整える乾燥やカサつき、肌荒れなどのトラブルから守り、皮膚の油分が保たれたなめらかな肌へと導きます。
引用:http://www.yushin-brewer.com/ricepower/effect/

ライスパワーNo.7は皮膚の油分を保ち乾燥やかさつきをケアしてくれる成分ということです。

肌が乾燥しがちなときにライスパワーNo.7化粧品を使いたいですね。

ちなみに、ライスパワーエキスには、医薬部外品の有効成分として日本で唯一の効果がある成分が2つあります。

日本で唯一の効果がある2つの成分とは『ライスパワーNo.11』と『ライスパワーNo.6』です。

↓医薬部外品の有効成分として日本で唯一の効果がある成分

ライスパワーNo.11 ライスパワーNo.6
皮膚水分保持能の改善の効能 皮脂分泌抑制の効能
コーセー 米肌 ライースリペア(勇心酒造)がおすすめ。 ライスパワーNo.6が入った唯一の美容液ライースクリアセラムが人気。

↓ライスパワーNo.6の関連記事はこちら

成分ライスパワーNo.6|バランシングチューナーの使い方|ワンバイコーセー皮脂抑制化粧水

医薬部外品有効成分ライスパワーNo.6|介護との関係|勇心酒造さん

このように、ライスパワーエキスは日本で唯一の効果がある成分が2つもあるのでとてもすごい成分なんですね。

また、ライスパワーエキスは、お米由来の天然成分で肌にとてもやさしいのが特徴の成分です。

ちなみに、管理人tsubameは、ライースリペアとライースクリアセラムNo.6のどちらの化粧品ももってます。

保湿化粧品のライースリペアはお肌が乾燥する冬に、ライースクリアセラムNo.6は顔の脂が多い夏場に活躍してます。

ライスパワーエキスの話しが長くなりましたが、米肌肌潤美白化粧水とエッセンスはトラネキサム酸とライスパワーNo.7が入った美白化粧品。

美白と潤いを同時にケアしたいときは、米肌肌潤美白シリーズをお試ししてみてはいかがでしょうか?

反対に、テカリや顔の脂が気になる方には米肌澄肌美白シリーズがおすすめです。