認知症予防|日記の効果と書き方とは|日記帳のつけ方はどうすればいいの?

認知症予防では日記をつけるのが良いと言われています。

では、どのように日記をつけると認知症対策に良いのでしょうか?

また、認知症予防の日記の書き方はあるのでしょうか?

この記事は、日記の効果と認知症予防での日記の書き方や付け方を調べた内容になっています。

日記の効果とは

「日記を書くこと」には、どのような効果があるのでしょうか?

日記の効果を調べてみると、日記をつけることには色々な効果があることが分かりました。

色々ある日記の効果の中から、気になった2つの「日記の効果」をご紹介していきます。

日記の効果

  • 脳を活性化させる
  • 自律神経が整う

日記の効果① 脳を活性化させる

日記を書くということは、過去のことを思いだすということ。

過去のことを思い出すには、脳を使って「今日なにしたっけ…?」と意識的に過去を思いだす必要があります。

この、「今日なにしたっけ…?」と意識的に過去を思いだすことが、脳を活性化させることになるのだそうです

日記をつけることにより、普段あまり使わない「過去を振り返るという脳の能力」を使うことが脳の活性化にとっても大事なのでしょうね。

日記の効果② 自律神経が整う

日記をつける効果には、「自律神経が整う」という効果もあるそうです。

日記と自律神経の関係を調べてみると、順天堂大学の小林弘幸教授が「日記をつけると自律神経が整う」といわていることが分かりました。

小林弘幸教授は自律神経研究の第一人者の方なのだそうです。

ところで、「自律神経が整う」とはどのようなことなのでしょうか?

tsubame的に考えてみると、「自律神経が整う」とは「身体の健康を保つ自律神経が正常に働くこと」といえるのかなと思います。

分かりやすくいえば、自律神経が整うとは「心が落ち着いて身体の調子も良くなること」といっても良いかも知れませんね

日記をつけるとなぜ、自立神経が整うのか詳しいことは分かりませんでした。

ただ、日記をつけることは自分を振り返ることといえます。

ですので、「自分を振り返ること」を毎日続けることによって、自分のことが良く分かるようになり、その結果、心が安定して自律神経が整うのかなと思いました

認知症予防での日記の書き方の3つのポイント|日記帳

「日記をかくということ」には、いろいろな効果があることが分かりましたね。

ところで、認知症対策での日記の書き方ってあるのでしょうか?

色々と調べた結果、「認知症予防での日記の書き方」では、次の3つのポイントを「日記の書き方」に取り入れてみるのが良さそうなことが分かりました。

認知症予防での日記の書き方のポイント

  • 昨日のことも書く
  • 楽しかったことを書く
  • 3行でもOK

認知症予防での日記の書き方① 昨日のことも書く

認知症対策では「記憶力を鍛えることが大事」といわれていますが、記憶力を鍛えるには過去のことを思い出すことが良いともいわれています。

ですので、認知症予防での日記には、記憶力を鍛えるという意味で「昨日のことを書く」ことが良いのはないかと思いました。。

↓昨日のことを書く日記帳


認知症を予防する1日遅れの日記帳: 今日から始めよう、いきいき脳活ダイアリー

認知症予防での日記の書き方② 楽しかったことを書く

楽しかったことを日記に書くことも、「認知症対策での日記の書き方」では大事なことだと思います。

人間、楽しいことを考えているときには「幸せホルモン」が出てくるといいますよね。

幸せホルモンが出てくると、脳内細胞が活発になってお互いに手を伸ばしてくっついていくのではないかと思っています。

イメージ的には、脳内細胞のシナプスが伸びてきて…

みたいな感じです。

※ちなみに以上のことはtsubameの勝手な想像です。

脳内細胞が活発になるということは、脳が元気になること…。

そういったことを考えると、やっぱり「楽しかったこと」を日記帳に書くことは認知症予防ではとっても大事ではないかと思います。

↓楽しいことも書く日記帳


効く! 認知症予防脳活日記 ([バラエティ])

認知症予防での日記の書き方③ 3行でもOK

認知症対策に限らず日記帳をつける上で一番大切なことは、「毎日日記を書くこと」といって良いと思います。

毎日日記を書くからこそ脳が鍛えられ、その結果、認知症対策に効果が発揮されてくるのですね。

ですので、認知症予防で日記を書くときにも「毎日続けて日記を書くこと」がとても大事といえます

↓そんなときにおすすめなのが3行日記


「3行日記」を書くと、なぜ健康になれるのか?

3行日記は、先ほどご紹介した順天堂大学の小林弘幸教授がおすすめされている日記のつけ方になります。

3行日記の書き方

  1. その日の嫌な出来事を書く
  2. その日の良かったことを書く
  3. 明日の目標や今後の目標をかく

3行日記はとっても簡単な日記のつけ方ですが、結構、いろいろな効果があると評判になっていました。

ですので、「認知症対策の日記の書き方が分からない…」とお悩みのときには、3行日記から始めてみるのも良いかも知れませんね。