介護ロボット|車いす移乗アシストの現状と今後|SASUKEサスケと安川電機

ベッドから車いす・車いすからベッド等に移譲する移乗介助は、とても身体的・体力的に負担がかかります。

ですので、介護ヘルパーと要介護者の方の負担を少なるするために、移乗アシスト用の介護ロボットがいろいろと登場してきています。

この記事では、移乗アシストロボットの中でも、つり上げ式の移乗アシストロボットの特徴と現状を少しだけご紹介していきたいと思います。

移乗アシストロボット|SASUKE(サスケ)・安川電機

今回ご紹介する移乗アシストロボットは、SASUKE(サスケ)と安川電機の介護移乗アシストロボット。

SASUKE(サスケ)と安川電機の移乗アシストロボットは、一人で要介護者の方を車いす等に移乗できるロボットとして開発されました。

さっそく、SASUKE(サスケ)と安川電機の移乗アシストロボットを詳しくご紹介してきたいと思います。

ROBOHELPER SASUKE(サスケ)|マッスル株式会社

ロボヘルパーサスケは、マッスル株式会社によって開発された移乗アシストロボット。

サスケの特徴は、要介護者の方を人力で抱え上げず、機械の力で持ち上げて介護ヘルパーが一人で移乗することができる点にあります。

↓サスケの使用方法をご覧ください。

サスケを使うことによって、車いすへの移乗時の、介護ヘルパーと要介護者の方の身体的負担がとても少なくなっていることが分かります。

上半身は健康でも下半身の自由が利きにくくなった方の場合には、介護移乗ロボット「愛移乗くんⅡ」などの移乗サポートロボットの方が時間的に早く移乗することができます。

愛移乗Ⅱくんの動画の記事はこちら

しかし、全身の動きが難しい要介護者の方を介護ヘルパーの方が一人で移乗させることは、サスケを使用しないと難しいといえます。

動画をご覧になられると分かるように、サスケを使用すると、ベッドから車いすに移乗するのにとても時間がかかります。

しかし、要介護者の方や介護ヘルパーの方の身体的負担を少なくするためには、サスケの存在はとても大きなものといえることが分かりました。

ちなみに、サスケは100万円くらいの価格になっていました。

安川電機の移乗アシストロボット

次にご紹介するのは、安川電機の移乗アシストロボット。

(安川電機の移乗アシストロボットの名前を調べてみたのですが、名前が良く分かりませんでした。)

安川電機の移乗アシストロボットは、サスケと似たような移乗方法ですが、吊り下げる部分の形状が違うことが分かります。

↓安川電機の移乗アシストロボット

安川電機の移乗アシストロボットでもサスケでもそうですが、要介護者の方は身体全体で持ち上げられている形になりますので、楽に車いす移乗ができていると思いました。

介護ロボットの現状と今後

サスケと安川電機の移乗アシストロボットをご紹介してきました。

サスケや安川電機の移乗アシストロボットは、介護ヘルパーの方が一人でも負担なく要介護者の方を車いす移乗できるように開発された介護ロボットということが分かりました。

移乗アシストロボットを導入してる施設は少ないのが現状ではないかと思います。

しかし、これから要介護者の方が増え、また、介護ヘルパーの確保が難しくなるにつれ移乗アシストロボットの普及が進んでいくものと思っています。

追記:今回は移乗アシストロボットのご紹介をしました。

2018年現在の科学技術では、まだ介護現場でのヒト型ロボットは登場していません。

しかし、早ければ10年後くらいには、ヒト型の介護ロボットがいくつかの介護施設で活躍しているのではないかとも思います。

ヒト型ロボットの最前線動画はこちら