介護食・嚥下食におすすめの野菜|キャベツ・ピーマン・ブロッコリー|献立

ご家族に介護食・嚥下食を必要とされる方にとっては、毎日の献立は何にしようかとお悩みかも知れません。

※介護食と嚥下食の一般的な意味は同じと考えて良いと思います。
※厳密に介護食と嚥下食の違いの一つを上げるとすると、次のようになります。

  • 介護食は噛む力・飲み込む力が弱くなった方向けの食事形態
  • 嚥下食は飲み込む力が弱くなった方向けの食事形態

「キャベツは介護食に大丈夫なの?」

「ピーマンは嚥下食に向いてるの?」

「ブロッコリーはどの部分を使ったらいいの?」

 

野菜一つとっても、介護食・嚥下食の献立を考えるときに、どのように調理したら良いのか分からないかも知れません。

そこでこの記事では、介護食・嚥下食に向く野菜を簡単にご紹介していきたいと思います

介護食・嚥下食の基本と食事形態について

介護食・嚥下食を作ったことがない方にとっては、介護食・嚥下食はどうやって作ったら良いのと悩まれるかも知れません。

しかし、介護食・嚥下食を作る基本は難しいものではありません。

『介護食・嚥下食の基本は、食べ物をかみ砕けて、飲み込みやすい料理であること。』

介護食・嚥下食の基本は、介護食・嚥下食を食べる方がちゃんと料理をかみ砕けて、飲み込めることが一番大事になってきます。

ですので、介護食・嚥下食の献立を考えるときには、『料理をかみ砕けてのどに詰まらない料理』を心がければ良いと思います。

介護食・嚥下食の料理形態

さっそく、介護食・嚥下食に向く野菜をご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介する介護食・嚥下食に向く野菜は、物をある程度かみ砕く力がある方向けの野菜になります。

介護食・嚥下食の一般的な食事形態
※介護施設で使われている分類

  • 一口大
  • 刻み食
  • 軟菜食(なんさいしょく)
  • ソフト食
  • ムース食
  • ミキサー食

介護食・嚥下食にはいろいろな食事形態がありますが、野菜の形を残した料理は一口大・刻み食・軟菜食までになります。

ソフト食・ムース食で使われる野菜は、いったんミキサーにかけて完全になめらかにしたあと、食べやすい形に成型する料理形態。

ミキサー食は、野菜をミキサーにかけて完全になめらかにしたあと、飲み込みやすいようにとろみをつける料理形態。

以上のように、ソフト食・ムース食・ミキサー食も介護食・嚥下食ですが、一口大・刻み食・軟菜食とは全く料理法が違うのですね

ですので、この記事では、野菜に熱を加えて柔らかくした献立に使用できる野菜をご紹介していきたいと思います

介護食・嚥下食に向く野菜|一口大・刻み食・軟菜食

これから、介護食・嚥下食(一口大・刻み食・軟菜食)に向く野菜をご紹介していきたいと思います。

介護食・嚥下食に向く野菜は、基本的に熱を加えたら柔らかくなるものといえます。

ただ、熱を加えて柔らかくなってもスジが残る野菜もありますので、そのあたりもご紹介していきたいと思います。

また、介護食・嚥下食の基本の調理は、熱を加えた調理になります。

ですので、サラダなどの生野菜は介護食・嚥下食には向かない料理形態とといえます。

それでは、介護食・嚥下食(一口大・刻み食・軟菜食)に向く野菜をご紹介していきましょう。

キャベツ・白菜

キャベツや白菜は熱を加えると柔らかくなりますので、介護食・嚥下食に向いている野菜になります。

料理をかむ力にあまり問題がない方は、キャベツや白菜の芯がついていても良く熱を加えれば食べられると思います。

かむ力が弱い方や飲み込む力が弱い方は、芯を取り除いた柔らかい葉っぱの部分に良く熱を加えた献立がおすすめです。

キャベツ・白菜を使ったおすすめの介護食・嚥下食はロールキャベツ(ロール白菜)。

ロールキャベツやロール白菜には、介護食・嚥下食が必要な方でも食べやすいミンチが使われていますので、肉を食べたい方には良い献立だと思います。

また、ロールキャベツは汁がありますので、少しとろみをつければ、飲み込みやすい介護食・嚥下食にもなります。

ブロッコリー・カリフラワー

ブロッコリーやカリフラワーも介護食・嚥下食におすすめの野菜。

ブロッコリーやカリフラワーは熱を加えると柔らかくなりますので、お好みの硬さと大きさにして献立に使うと良いと思います。

ブロッコリーやカリフラワーは、ボイルしてマヨネーズを付けて食べるだけでも良いですし、スープなどに入れるのもおすすめです。

ほうれん草・菜の花・青梗菜・春菊

ほうれん草・菜の花・春菊・青梗菜などの葉物野菜も、熱を加えれば柔らかくなりますので、介護食・嚥下食には向く食材です。

ただ、葉物野菜は熱を加えると色が黒っぽくなりますので、気になる方もおられるかも知れません。

しかし、介護食・嚥下食の基本は食べやすいこと。

ですので、料理の色は気にしないのが一番良いと思います。

葉物野菜の献立は、あえ物や炒め物がおすすめ。

あえ物は、練ゴマなどを入れると栄養がとれますし、炒め物は油をとれますので、健康には良いと思います。

ちなみに、水菜は繊維がありますので、介護食・嚥下食には向かないと思います。

カボチャ・里芋・大根

カボチャ・里芋・大根も介護食にや嚥下食におすすめの野菜。

カボチャ・里芋・大根は熱を加えるととても柔らかくなりますので、食べる力が弱くなった方でも食べやすい食材です。

ただ、どの料理にも言えることですが、飲み込みやすい大きさや形にして料理を提供することが介護食・嚥下食ではとても大事になります。

ですので、カボチャ・里芋・大根でも、料理したあとで、のどに詰まらないような形や大きさに切ることを心がけましょう。

ジャガイモ・人参・サツマイモ

ジャガイモ・人参・サツマイモも介護食・嚥下食には使える野菜ですが、どちらかというとちょっと硬さが気になる食材といえます。

ですので、ジャガイモ・人参・サツマイモなどのちょっと硬い根菜類を介護食・嚥下食に使用する場合は、いちょう切りなどのスライスにするのがおすすめです。

↓いちょう切り

上の画像のいちょう切りの厚さは、介護食には厚みが厚いと思います。

介護食には上の画像の人参の厚みの1/3くらいにするのがおすすめです。

ピーマン・オクラ

ピーマン・オクラも熱を加えれば柔らかくなりますので、介護食・嚥下食に向く野菜といえます。

ピーマンはボイルをして柔らかくしたあと、和風ハンバーグのたれに入れるのもおすすめ。

ちなみに、パプリカは皮が硬いですし、熱を通してもあまり柔らかくなりませんので、介護食・嚥下食にはおすすめではありません。

オクラは介護食・嚥下食にはおすすめできる野菜です。

オクラをボイルして柔らかくしたあとに、煮びたし汁に付けておけば美味しい料理が簡単にできますよ。

ただし、大きいオクラは繊維が太くなり種も大きくなって食べにくくなります。

ですので、大きいオクラは介護食・嚥下食には向かないと思います。

なすび

なすびは、皮がついたままでは介護食・嚥下食には向きません。

なすびを介護食・嚥下食の献立に使うときには、ピーラーで皮をむいて使用してください。

なすびでおすすめの介護食・嚥下食は煮びたし。

なすびの煮びたしは、一度素揚げするのが面倒ですが、美味しいのでおすすめです。

食べやすい大きさに切って、食べるようにしましょう。

たまねぎ

たまねぎはどちらかというと、介護食・嚥下食のおすすめできるかなという感じです。

たまねぎは種類によって、とても柔らかいものから、反対に繊維が気になるものまであります。

ですので、柔らかい玉ねぎのものを介護食に使うようにしましょう。

介護食に向かない野菜

ここからは、介護食・嚥下食に向かない野菜をご紹介していきたいと思います。

基本的に熱を通しても柔らかくなりにくい野菜は、介護食・嚥下食に向かない野菜といえます。

次にご紹介する野菜はいくら熱を通しても柔らかくなりにくいですので、介護食・嚥下食に向いていません。

ただ、介護食・嚥下食を食べられる方の状態はお一人お一人ちがいますので、介護食・嚥下食を食べられる方の状態をみながら、献立を考えてみるのも良いと思います。

介護食・嚥下食に向かない野菜の一例

  • ネギ
  • もやし
  • キノコ類
  • レンコン
  • 豆類
  • とうもろこし
  • たけのこ
  • ぎんなん

生野菜も介護食も向かない野菜

生野菜も、介護食・嚥下食におすすめでない野菜になります。

トマト・キュウリ・レタスなどの生の野菜は、どうしても硬いですので、噛む力や飲み込む力が弱い方には、食べにくい野菜になります。

トマトやキュウリなどの生野菜が食べにくい方は、野菜ジュースで代用するのが良いのではないかと思います。

介護食・嚥下食に向く野菜|まとめ

介護食・嚥下食に向く野菜をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

介護食・嚥下食に向く野菜は、基本的に熱を加えると柔らかくなるもの。

ですので、介護食・嚥下食といっても、難しい料理法ではないのですね。

ただ、介護食・嚥下食を食べられる方の状態がお一人お一人ちがいますので、お一人お一人に合わせた献立を提供することは難しいといえるかも知れません。

食事は、身体の元気の源。

ですので、お一人お一人の身体の状態に合わせた介護食・嚥下食を作ろうとすることが、介護食・嚥下食を上手に作れる秘訣の一つであると思っています。

「介護食・嚥下食に向く野菜はどんなのがあるの?」

このようにお悩みの方は、今回ご紹介しました介護食・嚥下食に向く野菜をご参考にされてみてください。

追記

介護食・嚥下食でもソフト食・ムース食・ミキサー食が必要な方もおられると思います。

昔と比べて現在では、楽天やアマゾンで美味しいソフト食・ムース食・ミキサー食などが市販されています。

また、ソフト食・ムース食を扱う通販会社も出てきました。

ソフト食・ムース食・ミキサー食を毎日、自分で作るのは本当に大変であると思います。

介護は、毎日の作業をどれだけ少なくするかが大事なことの一つ。

ですので、介護食・嚥下食を作るのに負担を感じたときには、無理をせずに、市販の介護食も取り入れることが、より良い介護生活につながるのではないかと思っています。

やわらか宅配食はこちら

介護食の種類を詳しく知りたい方はこちら