おすすめの市販品|刻み食・軟菜食の献立|美味しい介護食

現在は色々な市販品の介護食が通販などで販売されてますので、管理人tsubameは良く通販で介護食を調べることがあります。いろいろな市販品の介護食を見てると、「あの刻み食の方には、この介護食が良さそうだな」などと、いろいろなことが頭に浮かびます。

tsubameも歳をとるとソフト食のような介護食を食べるようになると思いますが、そのころには自分の好きな物しか食べないかも知れないと思ったりもします。介護施設では栄養がちゃんと取れるように栄養士が考えた食事が提供されていますが、tsubameは栄養よりも好きなものを食べたいと思っています。好きなものといっても、厚揚げ豆腐とかうどんなどをフンドーキンの白ダシで食べるのが好きですので、毎日そのようなものを食べたいと思っています。

▽tsubameおすすめの白ダシ


フンドーキン 料亭の味白だし 720ml×3本

ビタミンは野菜ジュースがおいしいですので、野菜ジュースから取れればいいかなとも思っています。このように、自分が食べたい介護食のことをいつも考えてますが、今日は自分が噛む力が少し弱くなった時に食べたい市販品の介護食を探してみました

以前にもお話ししたことがありますが、噛む力が弱くなってきたら介護施設では刻み食を提供するところが多いと思います。しかし、最近では刻み食は色々と問題があると言われてきており、刻み食の代わりに軟菜食が取り入れられて来ています。

▽刻み食の記事はこちら

介護食を分かりやすく解説。一口大・刻み食・軟菜食・ソフト食・ミキサー食の違いが良く分からない方は、こちらをご覧ください。最新の介護食情報もあり。

なので、今日はtsubameが食べたい市販品の軟菜食をご紹介て行きたいと思います。

今日の市販品の軟菜食はこれ

今日の献立:軟菜食

  • たまごがゆ
  • 豚と大根のうま煮
  • 豆腐


まごころ一膳 富士山の銘水で炊きあげた玉子がゆ 250g×8個


ハウス食品 やさしくラクケア やわらか肉の豚と大根のうま煮 (UDF区分2:歯茎でつぶせる) 100g×5個

【ギフト】 化粧箱入り お料理向き 森永とうふ/1ケース 24丁入(1丁297g)

 

今日は、たまごがゆ・豚と大根の煮物・豆腐の介護食を食べたくなりました。刻み食や軟菜食の方は、噛む力が弱くなったとはいえ、まだまだ普通のご飯や料理を食べることができます。しかし、噛む力が弱くなると物をあまり噛まずに飲み込むようにるので、消化不良になったり誤嚥(ごえん)の原因にもなったりします

誤嚥(ごえん)とは、食べ物が間違って気管に入ってしまうこと。

なので、tsubameが刻み食を食べるようになったら、誤嚥をしないようにちょっとやわらかめの料理を食べたいなと思ってます。柔らかい料理は消化もいいですからね。今回、紹介した3つの市販の介護食に、みそ汁(とろみ剤入り)が付けば立派な献立になりますね。

▽介護施設でよく使われているとろみ剤


ニュートリー とろみ剤 ソフティアS とろみ食用 (innobox) 500g

今回ご紹介した市販の介護食には、豆腐は別にしてもとろみがついたような料理になってます。なので、飲みこむ力が弱くなった方でも食べやすい介護食だと思いますよ。豆腐もとろみを上からかければ食べやすくなりますので、とろみが必要なときはとろみ剤やカタクリでとろもをつけましょう。

高齢になるとどうしても、ものを飲み込む力が弱くなったり、食べ物を唾液でまとめる力が弱くなります。なので、飲み込み力が弱くなった方が毎日食べる料理は、とろみがついた料理がいいと思います。「今日の介護食は何にしようかな?」とお悩みのときには、通販をご覧になるといろいろな市販品の介護食がありますので、それらを参考にしながら、今日の献立を考えてみるのも良いかも知れませんね。