介護施設・老人ホームに入居されている方が思っていることとは


老人ホームや介護施設に入居されている方がいつも何を思っているのかと考えてみたことはあるでしょうか?

テレビなどで老人ホームの風景が移ることもありますが、このような視点で映像を見ている方は少ないかも知れません。

私が施設で入居者の方と接するときにいつも思う事があります。

  • この方は、私の話すことがどこまで理解できているのだろうか?
  • この前お話ししたけど私のことを覚えているだろうか?
  • この方の認知症の症状はどのレベルだろうか?

など、いつもこのようなことを思っています。

コミュニケーションの基本

コミュニケーションの基本は相手のいう事を理解することですが、話しかけても反応が無い方とコミュニケーションをとることはとてもむつかしく思います。

話しかけたときに反応が無いと次のように思います。

  • 声が聞こえなかったのかな?
  • 話の内容が理解できなかったのかな?

声が聞こえていなさそうな時にはよく聞こえるように話し、話の内容が理解できていなさそうなときはもっと簡単な言葉で話すようにしています。

それでも反応が無いこともあります。このような時にはそれ以上は話すことをやめます。また次に会った時に話しかけることでそのような方とはコミュニケーションをとるように心がけています。

この場合は「コミュニケーションをとっている」というよりも「とっているつもりになっている」のかも知れません。

何度も話かけていると変化が

話しかけても反応がない方にお会いするたびにあいさつや天気のことなどを話しかけていると、あるとき突然反応があるときがあります。しかもその反応は普通の方と同レベルのコミュニケーションであることが多いのです。

この現象は何度もありましたので、どうしてなのかと考えました。一つの答えとして話は聞こえているけれども返事をしてくれないという事が考えられます。

一度、話をしてくれると体調の良しあしはありますが、よくコミュニケーションをとることができるようになります。

この現象は初めて話しかけてから一週間くらいであらわれることもあれば1か月以上たってからあらわれることもあります。

介護施設で働くようになって、入居者の方に話しかけても反応が無いの原因の一つとして「話しかけても反応が無い」から「話せるけど黙っている」ことがあるのではないかと思うようになっています。

なぜこのようになるのでしょうか。

入居者の方は人を見ている

介護施設ではいろいろな性格の方が働いています。どこの会社でも同じでしょうが性格の良い人もいれば良くない人もいます。

多くの施設では入居者の方は介護ヘルパーの方を選ぶことができません。良いヘルパーの方に介護をしてもらうのはうれしいと思いますが、良くないヘルパーに介護してもらうのは苦痛でしかないでしょう。

良くないヘルパーは虐待をするという事ではなく、コミュニケーションが取れない取ってくれないという意味のことです。

人はコミュニケーションをとってもらえないとき心が落ち込んでいきます。それが続くと心が落ち込むことが習慣になってしまします。そうなってしまうと人が話しかけてきたときに無反応になってしまうのではないでしょうか。

では誰が話しかけても無反応なのかというとそうではなく、優しい人が話かけたときにはちゃんとコミュニケーションをとっていることが多いのです。入居者の方に話しかけても無反応の原因の一つは自分の心を守る自己防衛ではないかと思うようになりました。

まとめ

もちろん話しかけても身体的に話すことができなかったり、コミュニケーションがとりにくい入居者の方もたくさんおられます。だからといって話しかけなくてよいはずはないでしょう。
反応はなくてもなにかを心の中では思っている。

私は介護施設で多くの入居者の方と接することによって、入居者の方と接するときにはいつもこのようなことを考えながらコミュニケーションをとるように心がけています。