認知症の方の暴言暴力に困った時にすること。相談ともう一つは?

認知症の症状は本当に人によってさまざまですので、その方が認知症であるのか分からないときがあります。

また、認知症の症状の特徴の一つとして、ある一部分の記憶だけが現実と違う(妄想など)と言うことがあります。

例えば日常生活やコミュニケーションは問題ないのですが、一部分の記憶(ご飯を食べたのに食べていないと言ったりすること)がない(ことです。)

このような症状は認知症に関わったことがない方には、認知症の症状であるとは気が付かないことがよくあります。

以前は穏やかな方が認知症になると暴言を吐いたり暴力をふるったりするようになることがあります。

認知症の方がこのような状態になると周りの人、例えば家族などは暴言暴力を何とかやめさせようとします。

はじめは暴言や暴力をしないように説得を試みると思いますが上手くいきません。暴言暴力が続くと家族は疲れはてどうして良いのか分からなくなり、認知症に詳しい病院や介護施設を探し始めると思います。

そのとき認知症の方の暴言暴力をやめさせるために薬を使うことを考えるかも知れません。

ここで考えて欲しいことがあります。なぜ認知症になったら暴言暴力がはじまったのでしょうか。

認知症の方の心の中

認知症の方に限らず暴言を吐いたり暴力を振るったりする原因は何でしょうか。

暴言暴力は子供によく見られる特徴ですが、子供のこころの中を考えてみると自分の思いが伝わらない、自分の思いどおりに行かない気持ちであるのではないでしょうか。

暴言暴力の行動に出る認知症の方も子供と同じように、物事が自分の思いどおりに行かないために暴言暴力に走るのだと思います。

これからの日本では認知症の方が増えることが問題視されています。認知症の方が増えるとなぜ問題が出てくるのでしょうか。 認知症...

認知症の方との対話

家族などの身近な方が認知症にかかり暴言暴力が出てきたらまずどうすれば良いのでしょうか。

その方法の1つに認知症の方が何を言いたいのかを理解しようと努力することがあります。

そのためには認知症の方が話すことが妄想であると分かっていても否定をしないことです。

普通の方にとっては妄想と分かる話でも認知症の方にとっては現実の話なのです。認知症の方にとっての現実の話を一方的に妄想だとして否定してしまえば、その方は不満がたまってきます。

毎回自分の話が否定されれば、暴言暴力と言う行動にでてしまうのは仕方がないことかも知れません。

普通の方でも自分の話をいつも否定されると不満がたまってきて、ちょっとした事で暴言暴力が出てくるのではないでしょうか。

認知症の方の暴言暴力に走る心の内を考えて見ると、このようなことが原因の1つと考えて良いと思います。

認知症の方の暴言暴力に困ったらどうすれば良いの?

身近な方が認知症になって暴言暴力が出始めたらどうすれば良いのでしょうか。それには2つのことが考えられます。

  1. 認知症に詳しい方に相談する
  2. 認知症の方の妄想を否定しない

①認知症に詳しい方に相談する

認知症の方の暴言暴力が始まったら認知症に詳しい方(役所の福祉課や病院など)にしましょう。

どのような問題でもそうですが介護においても一人で悩むことは良くありません。身近な方の暴言暴力は人に相談しずらいと思いますが、相談することが問題解決への一歩になります。

認知症を専門としている方は認知症の暴言暴力の問題にも詳しいですので、まずは認知症に詳しい方に相談しましょう。

介護が身近にない方にとっては認知症は自分に関係のない問題ととらえがちですが、認知症はどこの家庭でも問題になることなのです。

このことは介護現場で働いていればよく分かることですが、一般の方には良く分からないかも知れません。

認知症の相談は恥ずかしいことではなく普通のことですので困ったことがあれば、まずは認知症に詳しい方に相談しましょう。

②認知症の方の妄想を否定しない

先ほどもお話ししましたが、認知症の方の暴言暴力に困る困らないに関係なく認知症の方の話を一方的に否定しないようにしてください。

普通の方にとっては妄想と分かる話でも、認知症の方にとっては現実のことなのです。

コミュニケーションの基本は相手の話を理解することであり、相手の話を理解することの積み重ねでお互いの信頼を築くことができます。

これは認知症の方とのコミュニケーションでも同じことが言えます。

認知症が妄想と分かることを言ってきてもなるべく否定しない。このコミュニケーションの積み重ねをすることによって認知症の方とも信頼関係を築いていくことができます。

認知症の方に信頼してもらえば心の苦しみの別の表現である暴言暴力も和らいでくるのではないでしょうか。

身近な方が妄想を言い始めたらどんな方でもショックを受けると思います。そして何とかしようとします。

しかし一番しなければならないことは、その症状を受け入れることではないでしょうか。

言葉で書くと簡単なことに思えますが、実際にその状況になると分かっててもできないと思います。しかしこのことができなくても頭の片隅に入れておくだけでも心が少し軽くなると思います。

話が少しずれましたが、認知症の方の暴言暴力に困った時には、相手の話を理解するよう努力してみましょう。

認知症の方との接し方の新しい技法

引用:https://www.youtube.com/watch?v=85piR9z2Iz4

認知症の方との接し方について話題になっている方法にユマニチュードというものがあります。

ユマニチュードの技法を使うと認知症の方の症状が良くなった、認知症の方が穏やかになったなどの効果が報告されていおり、様々な施設で取り入れられ始めました。

認知症の方が身近におられる方は是非一度ユマニチュードを調べてみて下さいね。

▽ユマニチュードのことをもう少し知りたい方はこちらの記事がおすすめ。

ユマニチュードという言葉をお聞きしたことがあるかも知れません。 ユマニチュードは、認知症の方との接し方の一つの方法として、...

▼Amazon|ユマニチュード 優しさを伝えるケア技術 ‐認知症の人を理解するために‐ [DVD]