健康に良いと言われるウオーキングについて思うこと|高齢者と暗い時間のウオーキング

自転車通勤をしていた時のことですが、

tsubameは仕事がら朝早く通勤をすることがあります。

出勤時間が早い時には朝の4時に家を出るときもありますし、

朝の6時に家を出るときもあります。

朝4時出発の通勤では、車や自転車、歩行者にはほとんど出会いませので、

安全で快適に通勤することができます。

しかし、これが朝の6時出発の時には少し事情が違ってきます。

高齢者がウォーキングしている時間帯

朝の6時台に自転車通勤をしていますと、

高齢者の方がたくさんウォーキングをしています。

ほんとにたくさんの高齢者の方がウォーキングをしているのです。

と、いいましても昼間に歩道を歩いている人の人数んの方がおおいのですが、

それでも、6時台に出勤をしていてウォーキングをしている高齢者の方を見かける人数は

多い時には15人くらいになります。

へ―、こんなに朝早くからウォーキングをしている人がいるんだ。

と初めて6時台に自転車通勤をした時に思いました。

もちろん5時台にもウォーキングをしている高齢者の方もいますが、

一番、ウォーキングをしている高齢者の方が多いのは6時前後ではないかと思います。

ちなみに5時台もウオーキングをしている方をよく見かけます。

これが4時台になると、ほとんどウオーキングをしている方はいなくなります。

たまに、朝の4時台にウオーキングをしている若い方を見かけることがありますが、

健康管理をちゃんとしていてすごいなって思うこともあります。

しかしこれが、4時台に歩いているのが高齢者の方だった時には、

ほんとにウォーキングをしているのかな?

もしかしたら、徘徊しているのかも?

と心配になったりすることも時にはあります。

このように高齢者の方にとって人気のウオーキングですが、

ウォーキングをしている高齢者の方を見ていて思う事がありました。

暗い時のウオーキングは危険

高齢者の方がウォーキングをしている時間帯は、

朝の6時前後がピークであるとお話ししました。

夏ですと朝の6時にはもう完全に明るく、

ウオーキングをしている高齢者の方を確認できます。

しかし、これが冬になると明るくなる時間が7時前後ですので、

朝の6時台はまだ完全に夜の暗さです。

高齢者の方は冬のまだ日の出ていない時間でも

ウオーキングをする時間を変えないようで、

冬の暗い早朝の時間帯でも多くの方がウオーキングをしています。

また、公園などでは早朝の真っ暗な中、

鉄棒などを使って身体を鍛えている高齢者の方の姿もよく見かけます。

公園の遊具は子供が遊ぶためのものっていう感覚がありましたが、

高齢化を迎えた今、早朝の公園は、

高齢者の方の健康維持のための場所となってきているのかも知れません。

このように早朝の暗い時間帯において、

ウォーキングをしている高齢者の方を見かけると、

真っ暗な早朝の寒い時間帯にウォーキングをしているなんて

よっぽどウォーキングが好きなんだなと

思ってしまいます。

しかしもう一方では、

早朝の暗い時間にウォーキングをしている高齢者の方を見て、

危ないなと思うこともあります。

tsubameが早朝の暗い時間にウォーキングをしている高齢者の方を見て

危ないと感じた理由には3つのことがあります。

  1. 黒っぽい服装の高齢者の方が多い
  2. 遊歩道があるのになぜが車道をウォーキングをしている
  3. 後ろ歩きをしている

これからこの3つのことについてお話ししていきたいと思います。

黒っぽい服装の高齢者の方が多い

早朝の暗い時間帯にウォーキングをしている高齢者の方の服装は、

そのほとんどの方が黒っぽい服をしています。

明るい時にその方たちの服を見れば色の違いがわかるのでしょうが、 

早朝の真っ暗な時にはすべて黒っぽい服に見えてしまいます。

ですので、早朝の暗い時に自転車で走っていると、

黒っぽい服を着た高齢者に気が付くのが遅れてびっくりするときがあります。

特に交差点など人や車が来ないか良く見るように注意しても、

黒っぽい服を着た高齢者の方を見落とすことが何度かありました。

遊歩道があるのになぜか車道をウォーキングをしている

tsubameは自転車通勤のほとんどを車道を走ります。

車道と言いましても大きな道を通るのではなく、

大きな道を一本入った道を主に通ります。

朝の6時に家を出るとまだ通勤前の時間帯ということで、

自転車や車、歩行者はまだそこまで多くはありません。

しかし先ほどお話ししましたように高齢者の方は結構ウォーキングをしています。

多くの高齢者の方は歩道をウォーキングしているのですが、

たまに車道でウォーキングをしている高齢者の方がいます。

遊歩道が車道のすぐわきにあるのになぜか車道をウォーキングしている。

ウォーキングでだれか合いたくない人がいるのかな?

などと思ってしまったりもします。

車道をウォーキングしている高齢者の方がいたとき、

発見が遅れてびっくりするときがたまにあります。

こんな時間帯に何で道路を歩いているのか?

歩道がないのであればまだわかるけど歩道がすぐ横にあるのに…。

このように思ってしまします。

特に車道の脇を歩いている高齢者の方の発見が遅れる場面としては、

左カーブの時には左側の視界が遮られるときに発見が遅れます。

さらに、ちょうど街灯がなく道のわきに木などの障害物があると、

高齢者の方の存在に気が付くのが一番遅れてしう場面になります。

このように車道をウォーキングしている高齢者の方は危ないなと思ってしまいます。

高齢者の方は反射材も懐中電灯も持たずにウォーキングをしている方が多いですので、

このことも高齢者の方に気が付くのが遅れる原因の一つになります。

後ろ歩きをしている

ウォーキングをしている高齢者の方で、

たまに後ろ歩きをしている方を見かけることがあります。

後ろ歩きはテレビなどでも良いと言われているようで、

後ろ歩きダイエットや後ろ歩き健康法などというものがあるようです。

後ろ歩きは普段使わない筋肉が鍛えられるようで、

健康に不安がある方にはとっては、気になる健康法かも知れません。

そのような後ろ歩きですが、

早朝の暗い時間に後ろ歩きをしている高齢者の方をみて思う事がありました。

後ろ歩きをしていて後ろに転んだら危ないな。

高齢者に介護が必要になった原因の上位に転倒・骨折があります。

引用:テルモ

高齢者は転倒しやすいと言われていますが、

後ろ歩きはもっと転倒する確率が上がることは普通に考えて、

多くの方がそうだろうなと思われると思います。

高齢者の方は、後ろ歩きをすることは健康に良いと思ってしているのでしょうが、

後ろ歩きは危険が伴う健康法と言えるかも知れません。

特に早朝の暗い時間に後ろ歩きをしていて転倒した場合、

朝の6時にはあまり人が歩いていませんので、

転倒の発見に遅れが出てしまうことが考えられます。

先ほど、朝の6時が高齢者の方のウォーキングしている人数のピークとお話ししましたが、

やはりその人数には限度がありますし、昼間の方が圧倒的に歩行者の数は多いです。

さらに、後ろ歩きによる転倒は後頭部を打つ確率が極めて高いと思われますので、

後ろ歩きは命に係わることも出てこないとは限りません。

後ろ歩きをしている高齢者の方を見かけた問いには、

大丈夫かな?といつもこのような心配をしています。

以前、後ろ歩きについてどのような危険があるのかを知らべていましたら、

このような記事がありました。

私は1年前から「ウォーキング+ラジオ体操の会」に
参加しています。

その会は2年ほど前から「後ろ歩き」は禁止になったそうです。

創立30年ほどの会で
メンバーは高齢者が主流です。

数年前から後ろ向きウォーキング中
尻餅をついたりして転倒する方が増えてきて
2年前には救急車騒動があったらしく
それ以降「禁止」になったそうです。

引用:https://smcb.jp/worrying_questions/62717

やはり、高齢者の方にとって後ろ歩きは魅力のある健康法のようですが、

後ろ歩きによる転倒にリスクも高いようです。

ウォーキングの効果

ウォーキングはとても身体によい健康法であると思っています。

tsubameも5年位前から歩くことを始めました。

tsubameの場合は健康維持のためではなく、

今まで出会ってきた方々で、この人はすごいなって思った方の共通点は、

みんなよく歩いていたという事があったからです。

その方たちのようになるにはどうすれば良いのか?

まずはその方たちがしていることを真似することが一番良いのではないかと思い、

その方たちの共通点である歩くことを始めたのがきっかけです。

歩き始めた頃は4キロの通勤を1時間かけて歩いていましたが、

歩いて通勤し始めた頃は身体がいたくなりました。

特に腰が痛くなったのを覚えています。

足腰を鍛えるという事はこういう事なのかなとそのときにはじめて思いました。

このようなことがあり、歩くことによって

いままで分からなかったことが理解できるようになるかもしれないと思い

今でもなるべく歩くようにしています。

と言いますよりも、さらに歩くようなりました。

余談になりますが、長崎市内に旅行に行ったときは、

思案橋から中華街を通って、オランダ坂を上り、海星学園の前を通って、

グラバー園にいってさらに水辺の森公園経由で出島にいって中華街に戻る

という風に全部歩きで観光したりできるようになりました。

歩くことによって身体が鍛えられたことも実感しています。

ウォーキングと高齢者

このように歩くことは身体を健康に保つために

とても大切であることを実感しています。

ですので、高齢者の方が健康維持のためにウォーキングをしている姿を見ると、

ちゃんと健康に気を使っているのだなと思います。

しかし一方では、早朝の暗い時間帯に通勤をすることによって、

健康に良いはずのウォーキングにも、

一歩間違えば危険が潜んでいることも分かりました。

その危険の一部がどのようなものであるのかを、

今回の記事でお伝え出来ましたらうれしく思います。