【知っていますか?】サービス付き高齢者向け住宅の特徴とは。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は2011年に『高齢者住まい法』の改正で創設されました。

サ高住とは、高齢者向けの賃貸住宅であり、普通の人が賃貸マンションを借りるのと同じようにサ高住も賃貸契約で借りることができることが特徴になります。

また高齢者向けの設備の設置基準(バリアフリー等)が設けられており、契約内容としては施設側から一方的に契約解除出来ないことになっています。

サ高住はサービス付きとありますので高齢者向けのサービスが付いています。どのようなサービスかというと、必須のサービスは、

  • 安否確認
  • 生活相談

の2つだけになっています。

ですので食事が提供されないサ高住があったり、生活支援、介護サービスの提供がされないサ高住もあるかも知れません。

しかし現状では、そのようなサ高住の数は少なく、ほとんどのサ高住が、

  • 安否確認
  • 生活相談
  • 生活支援
  • 食事

の4つのサービスを提供しています。

サービス付き高齢者向け住宅の介護サービス

サ高住でも有料老人ホームの定義を満たせば特定施設入居者生活介護業者の指定を受けることができます。

この指定を受ければ、施設の設備面はともかく、介護サービスにおいてはほぼ介護付き有料老人ホームと同じサービスを受けることができます。

一方、特定施設の指定を受けていないサ高住の入居者に介護が必要になったときには、居者は施設の外部事業者と個人契約をして介護サービス(訪問介護や訪問看護、通所介護など)を受ける必要があります。

この時のメリットは施設に入る前から利用していた介護事業者のサービスを施設に入ってからも利用出来ると言うことです。

先程も書きましたが、サ高住には一般的なサ高住と特定施設入居者生活介護事業者の指定を受けたサ高住があり、後者は介護付き有料老人ホームとほぼ同じ性質を持っています。

この辺りが、有料老人ホームとサ高住の違いが良く分からないと言われる所以かも知れませんね。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

サ高住の特徴の1つは要介護度が大きくなると施設から退去しなければならない場合が多いことがあります。

基本的にサ高住は自立されている方向けの住宅として始まりました。

しかしサ高住の施設の数が多くなるにつれ、また時代の要請や他との差別化を図るために、重介護度の人も受け入れや看取りまで行うサ高住も出て来ました。

サ高住はいま、

  • 自立した高齢者むけの住宅としての施設
  • 特養のような介護サービスも提供する施設

の2つの方向に分かれて来ているようです。

これからのサ高住は、介護付き有料老人ホームや特養と似たような性質の施設になっていくもの思われます。