【知って納得】分かりやすい特別養護老人ホームの役割と歴史。

ここでは特別養護老人ホーム(特養)について簡単に説明して行きたいと思います。

老人ホームと言えば特養 を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

今でこそ有料老人ホームが増えましたが介護保険法が施行された2000年頃には,まだ有料老人ホームはとても少なく老人ホームといえば特別養護老人ホームのことでした。

ここでは介護施設として重要な位置付けである特別養護老人ホームについて少し詳しく説明していきます。

特別養護老人ホームの起源と歴史 。

特養の起源は明治時代の後期にかけて創設された養老院に始まりました。

養老院とは生活困窮者(身寄りのいない高齢者や家がない人など)を救済する目的で創設された施設です。

時代は明治から大正になりそして昭和へと移り変わりました。そして 日本の社会は戦争により大きく変遷することになります。

太平洋戦争の戦中から日本の経済力は落ちて行き、終戦を迎えた時には最貧国(LLDC)までになりました。当然に生活に困窮する人が増えており、政府はその状況を改善する目的で1950年に生活保護法を制定します。

この時に養老院は養老施設と改称されました。 養老施設は生活保護法に位置づけられたように 、生活困窮者を保護する役割を持っていました 。

その後、日本は高度成長期に突入しますが、同時に高齢者の介護の問題も表面化しはじめました。政府はそれに対処するために、1963年に老人福祉法を制定します。この時に擁護施設は老人ホームと改称され、

  • 養護老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 軽費老人ホーム

と老人ホームは3つに区分されました。

この3つの施設のうち、特に介護が必要な人は特別養護老人ホームに入り、基本的に自立出来る人は擁護老人ホームか経費老人ホームに入りました。

以上が特別養護老人ホームの簡単な起源と歴史になります。

特別養護老人ホームと有料老人ホームの違い

特養の基本理念は社会的弱者を救済すると言うところにありますので、入所者は状況に応じて手厚い保護がされ、施設は国からの補助金や税金面での優遇制度を受けています。

このあたりが、 特別養護老人ホームや養護老人ホームの費用が安いと言われる所以でしょう。

民間の高齢者施設、特に有料老人ホームにおいて、 特養より費用が高いのは、以上のような理由があります。

しかし一方で介護付き有料老人ホームの方が特養より費用が高いのは、特養よりサービスが良いと言うことも関係しています。

良いサービスとは部屋が個室である、料理が豪華である、介護職員の数が多い、持病に対応してくれる、などのサービスです。

特別養護老人ホームと有料老人ホームのサービスには差があり、一般的には有料老人ホームの方がサービスがよいです。

介護施設に入居を希望する人は有料老人ホームを希望するかもしれません。しかし多くの人は金銭的に特養を選ばざるを得ない状況にあります。

特別養護老人ホームの料金の値上げと今後

2005年の介護保険法改正により、特養では食費と多床型の居室料が介護保険から外されて、全額自己負担(所得に応じて補足給付を新設し、低所得者の負担は大きくならないようにしています)になりました。

また、2015年の介護保険法改正では補足給付の条件が厳しくなり、介護保険の2割負担の基準もできました。

ですので貯金や財産、収入が一定額以上ある人は補足給付が少なくなり、介護保険の自己負担が2割になりました。

その結果、金銭的に裕福な人は、特養の費用と有料老人ホームの費用があまり変わらなくなったようです。

そのような人やこれからの高齢者施設へ入居を考えている金銭的に余裕のある人は、特養ではなく有料老人ホームやサ高住に入居することを検討するようになっています。

政府はお金がある人は、特養ではなく民間の施設に入って下さいと言っているのでしょう。2025年問題(団塊の世代が全員75歳以上になる年)の対処に向けて政府は様々な取り組みをしています。

しかし政府は財政的な問題から民間企業の力を借りなければ2025年問題を解決できないと考えていると思います。

これからますます政府は高齢者施設を探している人に民間企業の高齢者施設への入居を促す様な政策を出してくるのではないでしょうか。

時代とともに変遷してきた特養の役割は、今後も時代の要望に合わせてその役割を変化させていくのでしょう。