【分かりやすい!】老人ホーム・介護施設の種類を簡単に理解できる方法。

介護施設を調べ始めた方にとっては、介護施設の種類や特徴の違いを理解することは難しいと思います。

もしかしたら、介護施設の種類の違いを理解する前に、老人ホーム、介護施設、高齢者施設のは何が違うのと悩んでいるかも知れません。

介護施設の種類やそれぞれの施設の違いを理解するためには、少し頑張って勉強していかなければならないと思っています。

どのように介護施設の種類や違いを勉強すればよいのでしょうか。

ここでは老人ホームの種類と特徴を簡単に説明してみたいと思います。

老人ホームの種類について。

現在、老人ホームの種類は11種類あると言われています。

これから老人ホーム選びの時に候補にあがるいくつかの老人ホームの種類ついて説明したいと思います。特別養護老人ホーム いわゆる特養と呼ばれるものです。介護保険法では介護老人福祉施設(=特別養護老人ホーム)と呼ばれる施設です。

2015年の介護保険法改正により要介護3以上の高齢者でなければ基本的に入居することができなくなりました。

特養は本来は社会的な立場の弱い人のための施設ですので、入居者に対する金銭的な手当が手厚くされています。介護老人保健施設 いわゆる老健と呼ばれるものです。老健とは介護と医療が必要な人が、自宅復帰を目的として介護リハビリを行う施設です。

建前上は長期間入居できる施設ではありませんが、特養の待機者の仮の住まいになっていのが現状としてあります。

有料老人ホーム 有料老人ホームのほとんどの施設は民間企業が運営しています。

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

の3種類があります 。この3種類の有料老人ホームは、施設によってサービス内容がさまざまに違います

有料老人ホームを検討されている方は、それぞれにどのような違いがあるのかを調べることが施設選びで重要になってきます。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住) 基本的に身の回りのことを自分でできる人向けの施設になります。介護度が大きくなると基本的には退去しなければなりません。

しかし、最近では介護度が大きくなっても入居をし続けられるところも増えてきました。

サ高住の一番大きな特徴は、料金が安いことが挙げられるかもしれません。しかしそのような施設では、月額の料金の中に介護サービス費が含まれてないことがほとんどであると思います。

サ高住の施設を検討する場合には月額の料金の中にどんなサービスが含まれているかをしっかりと確認することが必要になってきます。

グループホーム 認知症のかたを対象とした介護施設になります。グループホームの特徴は、認知症の症状が進むのを遅らせることを介護の目的の一つとしています。

認知の症状を遅らせる為には、身体や頭を動かす事が効果的であると考えられています。小規模で家庭的な施設の中で、日常的な生活を送りながらリハビリや介護を行っていきます。

その他の老人ホームの種類

  • 養護老人ホーム
  • 軽費老人ホーム
  • ケアハウス

などがありますが、はじめから全ての施設の特徴を覚えることは頭がこんがらがるかも知れませんね。

老人ホームの種類を楽に覚える方法

老人ホームと呼ばれる施設は、以上にあげた種類のように何種類もあります。

介護施設を探し始めた方、また介護施設のことを勉強し始めた方にとっては、それぞれの施設の種類を区別することは難しいと思います。

介護施設を調べ始めた方が簡単にその違いを理解するためには、

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • グループホーム

の5つの施設の特徴を理解することから始めることが良いと思います。

この5施設の違いが理解できるようになれば、その他の老人ホーム種類の施設についても比較的楽に施設の違いが分かってくると思います。

各施設の違いが理解できて初めて自分に必要な老人ホームを選ぶことができるのではないでしょうか。

老人ホームの種類はネットよりも本で勉強するのがおすすめ

初めから全ての施設の特徴を覚えようとしても、なかなかすべての特徴が頭の中に入って来ないと思います。

特に特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホーム、特定施設型サ高住の違いを理解することは難しいと思います。

どうすればこれらの違いを理解してより良い施設選びができるようになるのでしょうか。
それは介護施設の本を読むことです。

介護の情報はネット上にたくさん載っていますし、内容も詳しいものもあります。

ネットで介護のことを調べれば介護施設の種類の違いなども理解できるはずですが、実際は調べれば調べるほどよくわからなくなってきます。

なぜかというとネット上の情報は体系的にまとまっていないことが原因になります。

この点において本の情報は体系的にまとまっていますので、本を使った方が簡単に介護施設の種類のことを理解できると思っています。

介護施設選びは大変ですが、介護に関するちゃんとした知識を身に付けることができれば、施設選びが楽になります。

施設選びが楽になるという事は、希望する施設を見つけやすくなることにつながりますね。

介護施設の種類をなかなか理解できなくて悩んでいる方は、一度介護関係の本を読まれてみてはいかかでしょうか。