【可能なら申し込みたい!】老人ホーム体験入居見るべきポイントとは

気になる施設が体験入居を行っていれば、出来るだけ体験入居をされてみることををおすすめしたいと思っています。

介護施設での実際の暮らしや生活環境は施設見学をしただけでは分からないものです。

気になった施設に体験入居がない場合はショートステイがあれば利用して見ることをおすすめします。

ショートステイは体験入居よりは費用がかかりると思いますが、ぜひ利用してみてください。

自分が気になった施設は良い部分しか目に入らない傾向がありますので、高まっている気持ちを冷静にするには体験入居は大切なのです。

体験入居で見るべきポイント

体験入居で見るべきポイントは次のようになります。

食事時や深夜の雰囲気

職員や入居者の様子

介護サービスやリハビリが自分に合うかどうか

食事時や深夜の雰囲気、職員や入居者の様子、介護サービスやリハビリなどが自分に合うかどうかは、施設で暮らしてみないと、なかなか実感できないものですね。

食事時や深夜の雰囲気

食事時や深夜の雰囲気を知ることはとても大切になります。

落ち着いて食事ができるのか?夜は施設内は静かなのかなどです。

職員や入居者の様子。

職員や入居者の様子は施設見学をしただけでは分からないものですね。

普段は何か問題がある人や職員でも外部の人が来ると大人しくなるひともいるのです。

こういう人が施設にいるのかを知るためにも体験入居は必要だと思います。

介護サービスやリハビリが自分に合うかどうか。

介護施設に入居する目的は介護サービスやリハビリを受けるためです。

ですのでどんな介護サービスやリハビリを受けられるのか実際に体験できることはその施設の介護レベルを知るチャンスです。

自分にあった介護かどうかはその施設の満足度に関係してくるので、失敗しない施設選びのために気になった施設には体験入居をオススメします。

まとめ

施設選びを失敗しないためにはどうすればよいのでしょうか。

満足出来る介護施設を選ぶことは難しく、住み替えの相談が多いと言う話は良く聞きます。

施設選びを失敗したと言う話も探せばたくさん出てきます。

どのような理由で失敗したのかをあげれば、

月額の費用が思ったより多くかかる。

職員の態度、対応が良くない。

料理が美味しくない。

施設内で友達ができない。

などがあります。

入居を失敗したと感じると、住み替えることを考えはじめます。

しかし一度入居してしまえば容易に住み替えは出来ないでしょうし、また歳をとればとるほど住み替えは大変になってきます。

施設選びを失敗しないために大切な事は『多くの情報を得ること』であると言えます。

多くの情報を得ることの最後の段階が体験入居ですので気になった施設には勇気を出して体験入居を申し込んでみてはいかかでしょうか。

体験入居を申し込むためにはじめにすることは気になる施設に資料請求をすることです。資料請求をした後は施設見学を申し込みます。

施設見学の後に体験入居をお願いするという流れが一般的です。

ですので介護施設を探し始めた方は、まずは気になる施設を探して資料請求や無料電話相談をしてみてはいかがでしょうか。

資料請求や無料電話相談の詳しい記事はこちら。