季節の変わり目には多くの変化があらわれます|今年もツバメがやってきた

今年の冬はとても寒かったですが、3月になり一気に温かさが増してきました。

例年ですと、tsubameの近くにある梅や菜の花は2月中頃に満開を迎えるのですが、今年は3月の上旬にようやく満開を迎え、メジロやヒヨドリに恵みを与えています。

tsubameはいつも片道15分の距離を歩いて買い物に行くのですが、今日は天気がとても良かったので、朝の早い時間(8時半)に買い物に出かけました。

早い時間に買い物に出かけた理由は、買い物に行く途中で鳥や今咲いている花を観察するためです。

最近、温かい雨が降ったおかげで、いろいろな花が一気に咲き乱れてきました。tsubameが買い物に行く途中にもたくさんの花が咲いてきましたので、

tsubameが今日買い物に行く途中で見た花や鳥を少しご紹介したいと思います。

tsubameが今日出会った花たち

▽サクランボの花

いま、サクランボの(桜)花が満開を迎えています。サクランボの花はお花見のソメイヨシノよりも開花が時期が3週間くらい早いのが特徴です。

また、花の色が白く良い香りがするのも、ソメイヨシノと違う点になります。

3月の上旬の頃は、満開になった梅の花にメジロが蜜を食べに集まってきていましたが、今はサクランボの花のメジロが集まってきていました。

▽ツバメ

今年初めてツバメを見ました。

サクランボの花の蜜をすっているメジロを見上げながら観察していると、空に鳥の姿を見かけました。

何の鳥かなと思って空を見ると、すぐには気が付かなかったのですが、ちょっとしてツバメであるということが分かりました。

▽こんな感じでメジロを見ていると空に鳥の姿が見えたのです。

昨年の春に初めてツバメを見たのは3月の末でしたので、今の時期にツバメはまだいないと思っていました。

ですので、空に鳥を見かけたときにすぐにはツバメとは気が付きませんでしたが、あの飛び方はツバメに違いないと思いました。

今の時期のツバメは上空をずっと飛んでいて写真のように電線や建物に留まらないと聞いたことがあります。

実際にツバメを見かけるようになった3月末頃は、電線や建物に留まっているツバメの姿を見たことがありませんので、その話は本当であると思います。

そのようなことで上空のツバメを見ていましたら、5羽くらいのツバメがtsubameの上空で旋回をしながら遊んでいました。

トゥルトゥル…というツバメ独特の鳴き声が聞こえてきましたので、間違いなくツバメであることが分かってうれしかったです。

春も中盤になりましたので、いよいよtsubameの身の周りでは夏の気配を感じるようになりました。

▽ジョウビタキオス

tsubameが大好きな鳥のジョウビタキ。

冬の始まりにtsubameの身近な場所にやってきてツバメが来る頃になると、どこかへ行ってしまいます。

昨年ジョウビタキを最後に見たのが3月の末でしたので、もうじきジョウビタキともお別れかなと思てさみしくなっていましたが、

今日、ツバメを見かけましたので、もしかしたらジョウビタキに出会えるのは今日で最後かも知れないと思いました。

そう思うと寂しくもありますが、今年もジョウビタキを見かけましたし、今年は特に近くまでジョウビタキが寄ってくることが多かったですので、

そのことを思い出すたびに、ジョウビタキに会えなくなりますが慰めになりそうです。

▽ヒヨドリ

最近、特にヒヨドリが近くにやってきます。

ヒヨドリは結構警戒心が強いですので、あまり近くによって来ることがないのですが、なぜか最近は近くでヒヨドリを見かけることが多いです。

なかなか近くでヒヨドリを見ることは出来ませんので、ヒヨドリが逃げるまでずっと観察していました。

ヒヨドリのフォルムは美しいフォルムをしていますので、いつまでも見続けたくなりますが、ヒヨドリを見続けたい理由はもう一つあります。

ヒヨドリは気が強いですので、その気高い性格を自分のものにできるように、ずっとその姿を見つめ続けてしまうのです。

▽シジュウカラ

シジュウカラは最近よく見かけるようになりました。

いつも5~6羽が一緒にいて、遊ぶようにしながら木から木へと飛んでいきます。

いつもは木の枝を飛び回りエサを探しているのですが、今日は動きがいつもと違ったシジュウカラがいましたので、何をしているのかなと考えてしまいました。

▽水仙

水仙の花も今がピークのようです。

tsubameがいつも買い物に行くときに通る道のそばに、水仙がたくさん咲く場所があります。

水仙がたくさん咲く場所といっても、人の家の敷地なのですが、ほんとにたくさんの種類と本数、たぶん100~200本くらい?の水仙が咲いています。

水仙が満開の時にこの場所を通ると、ものすごい水仙の濃い香りが漂ってきて、「一瞬ここはどこだろう?」という錯覚を覚えます。

水仙が満開になる時期にこの場所を通ることは、この時期にしか体験することができないtsubameの楽しみの一つになっています。

▽モクレン

tsubameはモクレンの花が大好きです。

モクレンの花の良さは、気品と美しさがありながら親しみやすい雰囲気があるところです。

モクレンの花を見るたびに、「ようやく春も真ん中まで来たな」と思ってしまいます。

モクレンはtsubameにとって、春の真ん中の時期を知らせてくれる花なのです。

▽キジバト

冬でも夏でもいつでも見かけるキジバト。

いつも地面でエサをさがしていることが多いですが、冬のエサの少ない時期にはナンキンハゼの枝についている実を食べているキジバトの姿をよく見かけます。

キジバトは一年を通して、tsubameに安らぎと癒しをあた得てくれる鳥なのです。

▽パンジー

昨年の12月から、ずっと花を咲かせているパンジー。

冬を代表する花ですね。パンジーはマイナス10度くらいまでは耐えられるということですので、かなり寒さに強い花といえます。

冬の景色は鮮やかな色が少なくなりますので、パンジーの鮮やかな色を見るたびに、元気が出てきます。

3月も半ばになり、身の回りに色鮮やかは花が咲き始めましたが、パンジーの花の存在感はまだ健在していました。

まだまだいろいろな花が咲いています

今回の記事ではご紹介しきれませんでしたが、今日見かけた花にはシバサクラ、沈丁花、クロッカスなど、まだまだたくさんの花がありました。

そのような、今日見かけた花の中で一番びっくりしたのは、菖蒲が咲きかけているのをみかけたことです。

今日見かけた菖蒲は、毎年ほかの菖蒲よりも早く咲くのが特徴なのですが、今年は特に早く、というより早すぎるのではないかと思うくらいにもう咲きかけていました。

2・3日前に温かい雨が降りましたので、「そろそろ咲く時期が来たのかな?」と菖蒲が勘違いして出てきたのかも知れませんね。

ユキヤナギもぽつぽつと花をつけていました。これから一雨ごとにたくさんの花が咲くのが楽しみです。

▽ユキヤナギ

今の時期は冬と夏がちょうど入れ替わる時期で、ツバメが南からやってきたり春の花が咲き始めたり、また冬の花が終わりを迎えるように、多くの変化が身の周りで起きています。

tsubameはこの季節の変化の時期に、身の周りにある大きな変化や小さな変化に一つでも多く気が付くことができるように、

常に身の周りのことを良く見ながら生活していきたいと思っています。

人の人生には、少なくともtsubameの人生において、変化の時期というのはこれまでにたくさんありましたし、これからもたくさんあると思います。

自分の人生に、「…あっ、そろそろ変化の時が来たのではないか?」と思えるようになるには、どうすれば良いのか。

その方法の一つは、常日頃から、季節の変わり目に起きるような身の周りの変化、たとえば、

季節の花が咲いたのに気が付くことや、ある時期にやってくる鳥の存在に気が付つくことが大切であると思っています。

このような普段の生活の中にある身の周りの変化に気が付くようになれば、いろいろな変化の兆しにも気が付くようになり、

変化の兆しが分かるようになれば、これから来る変化の予想や事前の準備ができるのではないかと思っています。

▽春になるとやってくるツバメ

季節の変わり目など、たくさんの変化を見つける訓練を常にすることによって、自分の人生に起こる変化にも気が付くことができる。

そして、これから来る変化の予想と事前の準備ができるのではないかと、最近、とても思うようになってきました。

tsubameは自分の人生に起きる変化を知るために、季節の変化のような身の周りのに起きる変化を常に敏感に注意深く観察し始めたわけではありません。

tsubameが季節の変化を良く見るようになった理由は、ただ、鳥や木や空(雲の変化)などを見るのが楽しいだけですので、よく見ているだけのことなのです。

ある季節にあらわれる鳥や花、たとえばツバメやジョウビタキ、また桜や菜の花など、気が付いたら「そこにいた。そこにあった」というのが今までの記憶です。

しかし何年も、ある季節になるとあらわれる鳥や花を見続けていくうちに、その鳥や花が「いつやってきて、いついなくなるのか」がなんとなく分かるようになってきました。

そして、季節や身の周りの変化に気が付くことによって、今まで見えなかった多くのことに少しずつ気が付くようになったような気がしています。

その一つには、先ほどお話ししました「自分の人生の変化の時に起きるいろいろなこと」も含まれているのではないかと思っています。

これからも、tsubameは自分が好きないろいろなものを、そしてその変化をしっかりと見続けて前に進んで行きたいと思います。

ということで、今日は今年初めてツバメを見かけてとてもうれしかった(tsubameにとってトップクラスの出来事)ですので、この記事を書いてみました。

▽最近読んだ本


自分の「ものさし」で生きなさい