【重要ポイント】特定施設入居者生活介護に関する知識

特定施設入居者生活介護(サービス)とは、介護保険で利用出来るサービスのうちの1つになります。

介護保険サービスの中の『その他居宅サービス』に分類されています。

特定施設入居者生活介護サービスを提供しようとする介護施設は、介護保険法で定める設置基準(人員配置基準、設備基準、運営基準)を満たす事が必要になります。

基準を満たせば都道府県知事から、特定施設入居者生活介護事業所の指定を受けることが出来ます。

この指定を受けた施設は、入居者に特定施設入居者生活介護サービスを提供することが出来ます。

特定施設入居者生活介護サービスはどんな介護サービスなの?

特定施設入居者生活介護サービスはどんな介護サービスかというと、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の位置づけは居宅=住居扱いです。

ですので本来、居宅扱いである有料老人ホームなどで介護保険を使って介護サービスを受ける場合には訪問介護・看護などの居宅介護支援事業所のサービスを利用しなければなりません。

別の言葉で言うと、特定施設入居者生活介護の指定を受けていない介護保険3施設以外の介護施設で施設の従業員から介護サービスを受ける場合には介護保険は適用されないという事です。

(介護保険3施設…特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・介護療養型医療施設)

しかし、施設に入居している方の介護度が大きくなると24時間介護が必要となってくるので、訪問介護などでは対応しきれなくなってきます。

そこで本来有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は居宅扱いですが、バリアフリーや介護士の人数などの条件を満たせば居宅扱いから(特定)施設扱いにします、という制度なのです。

ではこの施設扱いとは何なのでしょうか。

介護保険3施設とは?

介護保険3施設とは、

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホームのこと)
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設

で受けられる介護サービスのことですが、この3つの施設は居宅扱いではなく施設扱いになります。

このことはこの3施設以外の高齢者施設はすべて居宅(在宅)扱いなるということを意味しています。

しかし先ほど書いたように、居宅扱いの有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅に入居している人の介護度が大きくなってくると、24時間介護が必要となってきて居宅サービスでは対応できなくなってきます。

そこで条件を満たした施設は居宅扱いではなく施設扱いにしますということですが、施設扱いはすでに介護施設3施設がありますね。

そこでこの介護施設3施設との違いをあらわすために特定施設として施設の前に特定の文字をつけたわけなのです。

特定施設の分類と特徴とは

特定施設には包括型と外部サービス型の二つがあります。

包括型の有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅では、施設の従業員から介護サービスを介護保険を使って受けることができます。

外部サービス型の有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などでは、ケアプランは施設で作って介護は施設外部の訪問介護などを利用する形になります。

特定施設入居者生活介護の概要は難しく、なかなか理解できないかもしれません。

ここでは特定施設入居者生活介護の大事な部分を箇条書きにしてみます。

  • 特定施設入居者生活介護の指定を受けた有料老人ホームは介護付き有料老人ホームと名乗ることができる。
  • 住宅型老人ホームと自立型老人ホームは特定施設入居者生活介護の指定を受けていない。
  • サービス付き高齢者向け住宅も基準を満たせば特定施設入居者生活介護の指定を受けることができる。
  • 特定施設入居者生活介護は介護サービスの分類の一つである。
  • 特定施設入居者生活介護の指定を受けた施設の方が指定を受けていない施設よりも介護度が大きくなった時に施設から退去しなければならないことが少なくなる。

まだこのほかにも特定施設の特徴はありますが、介護のことを調べ始めた方には上にあげた特定施設の特徴をまずは理解で出来ればよいと思います。

特定施設入居者生活介護のまとめ

特定施設入居者生活介護(特定施設)のことについて書いてきました。

介護のことを調べ始めた方にとっては、特定施設入居者生活介護を理解することは難しいかもしれません。

しかし、特定施設入居者生活介護のことを理解しないと介護施設の種類の違いを理解することができないのです

なぜ有料老人ホームには、

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型老人ホーム
  • 自立型老人ホーム

の3つの種類があるのかや、サービス付き高齢者向け住宅には、特定施設と呼ばれるサービス付き高齢者向け住宅がなぜあるのかなどの疑問を持っている方は少なくないのです。

これらの疑問を、特定施設入居者生活介護を理解することで解決できるのです。

今まで書いてきたことをさらに詳しく知りたい方はLIFULL介護のサイトが参考になると思います。