ペースト食とは※ミキサー食・ソフト食・ムース食・ゼリー食との違い

ペースト食とはいったいどんな介護食なのでしょうか?

ペースト食とは、料理をミキサーなどでペースト状にした介護食のことになります。なので、おかゆをミキサーにかければミキサーかゆというペースト食が完成します。ペースト食は形態により、ミキサー食・ソフト食・ムース食・ゼリー食に分類されています。ミキサー食・ソフト食・ムース食は料理を一度ミキサーにかけてペースト状にしたあと、食べやすい形態に加工した介護食です。なので、ミキサー食・ソフト食・ムース食は一度ペースト状にしてるのでペースト食といえます。ただ、管理人tsubame個人的には、ゼリー食はペースト食の一種ではないと思っています(理由は後で説明します)。

≪ペースト食の種類≫

  ミキサー食 ソフト食 ムース食
特長

料理をミキサーにかけたあと、食べる人の嚥下力に合わせてとろみをつけた介護食。成型しない。老人ホームで良く使われる料理形態。

料理をミキサーにかけたあと、再び固形化補助食品で成型した介護食。老人ホームで良く使われる料理形態。 料理をミキサーにかけたあと、再び固形化補助食品で成型した介護食。基本的にムース食はソフト食と同じと捉えていいです。
硬さ

かまなくて良い

舌でつぶせる硬さ 舌でつぶせる硬さ
市販品の一例

キューピーの「やさしい献立」の「かまなくて良い」が該当

キューピーの介護食「やさしい献立」の「舌でつぶせる」が該当 キューピーの介護食「やさしい献立」の「舌でつぶせる」が該当

ペースト食のペーストとは「ノリのような」「ノリ状の」という意味があります。なので、一度ミキサーにかけてペースト(ノリ)状にした料理はすべてペースト食といえます。ただ、老人ホームや高齢者施設では、ペースト状にした料理を食べる方の嚥下力(えんげりょく)に合わせて、ペースト状の料理を再び成型したソフト食・ムース食を提供したり、または、ミキサー状の料理にとろみを付けてかまなくてよい飲みこむだけのミキサー食を提供したりします。

※嚥下力(えんげりょく)とは、ものを飲みこむ力のこと。

ちなみに、ミキサー食・ソフト食・ムース食はとても柔らかいという特徴があります。しかし、ゼリー食は柔らかくない場合があります。なので、管理人tsubameはゼリー食をミキサー食と考えていません。なぜ、ゼリー食が硬い場合があるかというと、ゼリー食は成型するときに寒天を使うことがあるからです。

寒天は固まると硬くなるので、舌で押しつぶすことが難しい場合があります。ペースト食の基本は下で押しつぶせるほど柔らかさがあること。なので、寒天を使ったゼリー食は管理人tsubame的にはペースト食と考えていないのですね。ただ、ゼリー食の定義も各老人ホームや高齢者施設によってまだ統一されてないので、管理人tsubameのゼリー食の定義と違う人もいます。

ペースト食の分類のお話しはこのくらいにして、次は、ペースト食の一種類であるミキサー食・ソフト食・ムース食について簡単に説明していきます。

ミキサー食・ソフト食・ムース食|ペースト食の種類

管理人tsubameはいくつかの老人ホームや高齢者施設で働いてきましたが、tsubameが働いた老人ホームや高齢者施設では、ペースト食という介護食の分類はありませんでした。また、ムース食もありませんでした。その代わり、ペースト食の一種のミキサー食・ソフト食を施設で提供していました。老人ホームや高齢者施設に入居されている高齢者の方の嚥下力に合わせて、ミキサー食やソフト食を提供しているのですね。ではさっそく、ペースト食の一種であるミキサー食・ソフト食・ムース食を簡単に説明していきます。

ミキサー食とは|ペースト食の一種


引用:http://www.keiaien.co.jp/odawara/odawarafood/

ミキサー食とは、料理をミキサーにかけたあと、とろみをつけて飲み込みやすくしたかまなくて良い介護食です。ミキサー食はかまなくていいので、かむ力がなくなった方や嚥下力が特に弱い方の食事として提供されています。

一般的なペースト食のイメージといえばミキサー食だと思いますので、ペースト食=ミキサー食ととらえてもいいと思います。キューピーの介護食「やさしい献立」の柔らかの区分「かまなくて良い」もペースト食と説明にあります。なので、やはり、一般的には、ペースト食=ミキサー食なんだと思います。通販で購入できるペースト食をまとめた記事のありますので、ペースト食を通販で購入するときは参考にしてみてください。

≫ペースト食通販|高齢者におすすめの介護食

≫ペースト食|宅配サービスを簡単に見つける方法

ソフト食・ムース食|ペースト食の一種

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さん(@ym_k03)がシェアした投稿

ソフト食とは、料理をミキサーにかけたあと、「まとめるこeasy」のような固形化補助食品で成形された介護食のことです。ソフト食は普通の料理のように成型してあるので、見た目がきれいなのが特徴です。ソフト食の硬さは舌でつぶせるくらいの硬さに調整します。ちなみに、ソフト食に似た介護食にムース食がありますが、管理人tsubameはムース食とソフト食を同じに考えています。厳密にいえば、ソフト食とムース食の定義は違うのかも知れませんが、それほどの違いはないと思います。

ソフト食もミキサーに一度かけてペースト状にしてますので、ペースト食になります。ただ、先ほどお話ししたように、一般的にはペースト食=ミキサー食な感じなので、ソフト食はペースト食とは違うととらえてもいいかなとも思います。ちなみに、キューピーの「やさしい献立」の硬さの区分「舌でつぶせる」がソフト食に対応できる製品です。

≫キューピーの介護食の記事はこちら

自宅で毎日、ペースト食を作るのは大変な方もおられると思います。自宅でペースト食が必要になったけど、毎日作るのが難しいときは、通販でペースト食を購入したり、ペースト食を自宅に配達してくれる宅配サービスを上手に利用してみてはと思います。

≫ペースト食|宅配サービスを簡単に見つける方法

まとめ

ペースト食と、ミキサー食・ソフト食・ムース食・ゼリー食の違いについてご紹介してきました。ペースト食と、ミキサー食・ソフト食・ムース食・ゼリー食の違いがなんとなくご理解いただけたのではないかと思います。

管理人tsubameは、老人ホームや高齢者施設で働くようになって、はじめてミキサー食やソフト食といった介護食のことを知りました。はじめの頃は、ミキサー食・ソフト食の違いが良く分かりませんでした。それでも、老人ホームや高齢者施設で介護食を毎日作ることによって、ミキサー食やソフト食の違いが分かるようになったのですね。

なので、介護食のことを調べ始めた方にとっては、「ペースト食と・ミキサー食・ソフト食・ムース食・ゼリー食の違いとは…」と考えても良く分からないのが実情だと思います。このサイトには、管理人tsubameが介護食について分かりやすく解説した記事がいくつかありますので、介護食についていろいろと知りたいときは参考にしてみてください(‘ω’)ノ

≫介護食の記事|カテゴリー

≫ペースト食の作り方はこちら