嚥下困難食※宅配サービスの探し方|やわらか食・ペースト食・介護食を自宅配達

自宅でやわらか食やペースト食など嚥下困難食を作るのは大変だと思います。介護食を作るのに慣れている人なら、自宅でやわらか食などの嚥下困難食を作ることはできます。それでも、ペースト食を自宅で作ろうと思ったら、それなりに時間がかかるのが実情です。

自宅でやわらか食やペースト食などの嚥下困難食を作りたいけど毎日は無理かも…

こんなときは、やわらか食などを自宅に配達してくれる宅配サービスを利用してみてはいかがでしょうか?そこでこれから、嚥下困難食は自宅で作りたいけど毎日は難しい方のために、やわらか食などの嚥下困難食を毎日自宅に届けてくれる宅配サービスの調べ方をご紹介していきたいと思います。

嚥下困難食の宅配サービスの探し方|やわらか食・ペースト食

やわらか食やペースト食など嚥下困難食を自宅に配達してくれる宅配サービスを探す方法は、「宅配ごはん案内」という新しいサイトを利用する方法が便利だと思います。

↓宅配ごはん案内

宅配ごはん案内は「自宅に配達してくれる宅配サービスを手軽に比較できる」サイトで、2017年12月からサービスが始まりました。団塊の世代が高齢化していく中で、自宅で介護食を必要とする世帯が増えることから、このような宅配サービス比較サイトができたのだと思います。で、宅配ごはん案内を使えば、お手軽に自宅にやわらか食やペースト食など嚥下困難食を配達してくれる宅配サービスを見つけることができるというわけなのですね。

では実際に、宅配ごはん案内をどうやって使うのかを簡単にご紹介したいと思います。ただ、ここで一つだけ注意点があります。介護食には柔らか食・ペースト食・嚥下困難食などいろいろな呼び方があります。なのでここでは、嚥下困難食のことを介護食、ペースト食のことをムース食かソフト食として取扱っていきたいと思います(介護食の名称については一番下に記載してあります)。ではさっそく、宅配ごはん案内の使い方をご紹介していきましょう。

宅配ごはん案内の使い方

宅配ごはん案内の使い方はとっても簡単です。宅配ごはん案内の画面の郵便番号を入れる所に自宅の郵便番号を入れるだけで、自宅に配達してくれる宅配サービスを見つけることができます。例えば自宅が東京都三鷹市井の頭だとすると郵便番号は181-0001なので、宅配サービスの郵便番号を入れる所に「1810001」と入力します。
※1810001と入力。181-0001の-は入力しません。

↓宅配ごはん案内のTOP画面

↓自宅の郵便番号を入れる

↓クリックすると自宅にお届け可能なサービス一覧が表示されます

↓宅配サービス会社① ムース食(ペースト食)・柔らか食がありますね。

↓宅配サービス会社② 柔らか食の介護食(嚥下困難食)があります。

↓宅配サービス会社③ この宅配サービスにも柔らか食があります。それにしてもこの宅配弁当は豪華ですね。ちなみに、この宅配サービスは「ベネッセおうちごはん」です。

以上のように、「宅配ごはん案内」を利用すれば、自宅に配達してくれる介護食の宅配サービスを見つけることができます。また、「宅配ごはん案内」で申し込める介護食を眺めていると、いろいろな介護食があるので、介護食を選ぶ目も鍛えられると思います。介護食が必要なときは「宅配ごはん案内」を参考にしてみてくださいね。

↓「宅配ごはん案内」はこちら

まとめ

自宅に配達してくれる介護食(嚥下困難食)の宅配サービスを簡単に見つける方法をご紹介してきました。ご紹介した「宅配ごはん案内」は2017年12月に始まったサービスですので、まだ、知ってる人も少ないと思います。しかし、これから、「宅配ごはん案内」のような介護食(嚥下困難食)を自宅に配達してくれる宅配サービスを比較できるサイトは増えていくのでしょうね。

自宅でやわらか食・ペースト食などの嚥下困難食が必要になったとき、さまざまな事情により毎日作ることが無理なこともあります。そのときは、無理をしないで宅配サービスの利用も検討してみるのがいいのではないかと思いますよ。

ちなみに、この記事では、すぐに食べれられる宅配弁当サービスをご紹介しましたが、冷凍弁当の宅配サービスの利用がいい場合もあると思います。このサイトでは高齢者の健康食の冷凍弁当宅配サービスを比較した記事もありますので、冷凍弁当宅配サービスが気になるときはそちらの記事を参考にしてみてください。(冷凍弁当宅配サービスの記事は介護食を取り扱ってる宅配サービスは少ないですが、高齢者の健康食の取扱いは多いです)

≫冷凍弁当宅配サービスを比較!

追記:介護食の名称について

ここで少しだけ介護食の名称についてご紹介しておきたいと思います。ちなみに、管理人tsubameは、老人ホームで普通の食事からやわらか食・ペースト食などの嚥下困難食も作れるんですね。で、この記事でやわらか食・ペースト食・嚥下困難食という言葉を使いましたが、これらの言葉は似たような言葉で言い換えられることもあります。なので、ここでは簡単に、やわらか食・ペースト食・嚥下困難食について説明しておきますね。

≪やわらか食≫

やわらか食とは普通の人が食べる料理を柔らかくした料理になります。柔らかさのレベルは食べる人の身体の状態によって決めます。たとえは、歯がある人で噛む力が弱くなった人にはちょっと柔らかめの料理、ソフト食までは必要ないけど噛む力が結構弱い人にはかなり柔らかい料理を提供します。

≪ペースト食≫

ペースト食とはミキサーなどにかけてペースト状にした料理のことです。ペーストとは「ノリのような」という意味があります。ペースト食に似た介護食には、ソフト食・ムース食・ミキサー食です。ペースト食やミキサー食などの違いは粘土・成型の違いにあります。ちなみに、ゼリー食という介護食もありますが、ゼリーはペースト食とは違うとtsubameは思ってます。ゼリー食は寒天などで固めてるので、やわらかくないのがその理由です。

≪嚥下困難食(えんげこんなんしょく)≫

嚥下困難食とは嚥下機能が弱くなった人のための食事です。分かりやすい言えば介護食のことです。厳密にいえば、嚥下(えんげ)とは物を飲み力のことですので、嚥下困難食とは物を飲みこむ力が弱くなった人のための料理ですが、嚥下が困難な人は食べる力が弱くなった人ですので、一般の人は嚥下困難食=介護食と捉えていいと思います。

介護食の名称や形態はとても複雑で、老人ホームで介護食を作れる管理人tsubameでも介護食の分類は難しいと思います。なので、また改めて介護食の分類をまとめた記事を作りますね。